2019年度 鹿児島PR室 基本方針・事業計画(案)の件

2019年度 公益社団法人 鹿児島青年会議所
事業計画書

議案名

2019年度 鹿児島PR室 基本方針・事業計画(案)の件

会議名

2019年度 第3回 理事予定者会議

種 別

2018年11月 5日 協議

委員会名

鹿児島PR室 広報渉外委員会 国際関係委員会

窓口副理事長名

東鶴 真児  木下 慎吾

確認日

担当室長名

内村 明高

確認日

2018年11月31日

委員長名

日高 大介  濵田 修一

確認日

2018年11月31日

副委員長名

作成日

 

●公益社団法人認定法に関わる事業の分類

 

1.事業名

2019年度 鹿児島PR室 基本方針・事業計画(案)の件

2.事業実施に至る背景

 

3.事業目的(対外)

 

4.事業目的(対内)

 

5.事業内容

 

6.実施日時

 

7.実施場所・会場

 

8.予算総額(詳細は別紙予算書)

 

9. 参加員数計画並びに参加推進方法

 

10.外部協力者・団体

 

11.実施組織

 

12.実施スケジュール

日付

会議名

審議・実施・報告

2018年10月 1日(月)

2019年度第2回正副室長予定者会議

 

2018年10月 2日(火)

10月正副室長会議

 

2018年10月 8日(月)

2019年度第2回理事予定者会議

 

2018年10月 9日(火)

10月理事会

協議

2018年11月 5日(月)

2019年度第3回正副室長予定者会議

 

2018年11月 6日(火)

11月正副室長会議

 

2018年11月12日(月)

2019年度第3回理事予定者会議

 

2018年11月13日(火)

11月理事会

協議

2018年12月 3日(月)

2019年度第4回正副室長予定者会議

 

2018年12月 3日(月)

2019年度第4回理事予定者会議

 

2018年12月 4日(火)

12月正副室長会議

 

2018年12月 4日(火)

12月理事会

審議

13.前年度よりの引継事項

 

14.本年の工夫と期待される効果(地球環境への配慮を含む)

 

15.事業に対する調査分析・ビジョン(将来像)

   

16. メンバーへの依頼事項

 

17. 協議・審議のポイント

 

18.正副会議での意見及び対応

【第2回理事予定者会議】

世界と鹿児島室

・「好機を迎えている」「当室では(当委員会では)で始まる」「いたします」など、ルールを見直して修正してください。
⇒ルールに基づいて全体を通して確認し、修正いたしました。

・「幅広い人」という言葉の意味が伝わりにくく感じます。見直してください。
⇒表現を見直しました。

・「グローバル化」という言葉について、SNSの活用など発信について書いたほうがいいのではないか。グローバル化は悪い意味でもとられる可能性があります。
⇒「グローバル化」の言葉自体の必要性を見直し、削除いたしました。そのあとに続く文章を修正しました。

広報渉外委員会

・第2段落 出向の文章と大会参加の文章、多くの気づきや学びを得るという部分が重複しています。より深堀できるのではないでしょうか。
⇒ 文言を修正しました。

・第2段落 出向した経験をまちづくりに活かすとありますが、違うようにも感じます。
⇒文言を修正しました。

・第2段落 「当委員会」で始まらないようお願いします。
⇒該当箇所を訂正しました。

・広報渉外委員会なので、広報・渉外の部分が第2段落の前半に来るようお願いいたします。
該当箇所を訂正しました。

国際関係委員会

・セネターの目的はこの通りでしょうか。ご確認ください。
⇒確認し、変更なしといたしました。

・2段落目には目的手法を書くので、他の段落とは区別できるようにしてください。ルールにある構成で文章を作成してみてください。
⇒構成を再考いたしました。

・1段落目 積極的にまちづくりに参画とあるが、国際関係委員会が設置され活動する背景として、市民をまちづくりに参画させるということがあてはまるかどうか、検討してみてください。
⇒市民を巻き込むためのリーダーを育成します。

・事業としてどんなことをするかのイメージはありますか。あくまで一例ですがASPACをやったことを活かす、済州のASPACの際にこんなことをしてみたい、そんなことからでも膨らませられると思います。
⇒事業としては、利川との交流の他、セネターゴルフや世界会議などの機会を対象を考えています。

・1段落目 魅力の発信が課題なのでしょうか?私見としてはネット環境など受け入れ体制の問題なように思います。調べてみてください。
⇒受け入れ体制に対する提言より、国外のIT先進国も参考にしながら発信側の努力の促進に注力したいと考えます。

・1段落目 市民に向けたものか、JCに向けたものか主語述語の関係を整理してください。
⇒JCに向けたものであり、文章を再考しました。

 

【第2回正副室長予定者会議】

・基本ルールを改めて確認し、全体的な見直しを実施してください。
⇒確認を行いました。

・ASPACのことをテーマとして含めてみてください。ASPACの経験を終わらせずに活かしていく役割を持つ室だと思います。
⇒第一段落に追記いたしました。

・第2段落最終文、運動も伝えることを検討してみたください。
⇒人材や活動という具体的なエピソードを伝えることを通して、運動への参画が進み根付いていくという意図をもった表現に修正いたしました。

・1段落目 持続的な発展に貢献 ⇒ 発展に尽力の表現の方がよいです。
⇒修正いたしました。

・ゆるやかな輪というのは何を指すか伝わるように書くと良いと思います。この言葉を使いたいなら、前後の文脈から意味が伝わるような流れが必要です。共通する目標や共感によるつながりを意味しているということ自体は理解しました。
⇒表現の再考をいたしました。

19.その他(添付予定資料等)

 

20.当日回覧資料

 

21.添付資料

2019年度鹿児島PR室基本方針事業計画(案)

カテゴリ