2019年度 ひとづくり室 基本方針・事業計画(案)の件

2019年度 公益社団法人 鹿児島青年会議所
事業計画書

議案名

2019年度 ひとづくり室 基本方針・事業計画(案)

会議名

2019年  第3回正副室長予定者会議

種 別

2018年11月 5日 協議

委員会名

ひとづくり室 会員研修委員会・青少年育成委員会 


窓口副理事長名

保 直延
東鶴 真児

確認日

2018年 10月31日

担当室長名

染川 勝太郎

確認日

2018年 10月31日

委員長名

重信 正和

確認日

2018年 10月31日

委員長名

大木 晃

確認日

2018年 10月31日

●公益社団法人認定法に関わる事業の分類

1.事業名

2019年度 ひとづくり室 基本方針・事業計画(案)

2.事業実施に至る背景

3.事業目的(対外)

4.事業目的(対内)

5.事業内容

6.実施日時

7.実施場所・会場

8.予算総額(詳細は別紙予算書)

9. 参加員数計画並びに参加推進方法

10.外部協力者・団体

11.実施組織

2019年度 公益社団法人鹿児島青年会議所 ひとづくり室

12.実施スケジュール

2018年10月 1日(月)

2019年度第2回正副室長予定者会議

協議

2018年10月 2日(火)

10月正副室長会議

協議

2018年10月 8日(月)

2019年度第2回理事予定者会議

協議

2018年10月 9日(火)

10月理事会

協議

2018年11月 5日(月)

2019年度第3回正副室長予定者会議

協議

2018年11月 6日(火)

正副室長会議

協議

2018年11月12日(月)

2019年度第3回理事予定者会議

協議

2018年11月13日(火)

11月理事会

協議

2018年12月 2日(日)

2019年度第4回正副室長予定者会議

協議

2018年12月 3日(月)

2019年度第4回理事予定者会議

協議

2018年12月 4日(火)

12月正副室長会議

審議

2018年12月 4日(火)

12月理事会

審議

13.前年度よりの引継事項

14.本年の工夫と期待される効果(地球環境への配慮を含む)

15.事業に対する調査分析・ビジョン(将来像)

   【調査】

   【分析】

   【ビジョン】

16. メンバーへの依頼事項

17. 協議・審議のポイント

18.正副室長会議・理事会での意見及び対応

【第2回理事予定者会議】

【室方針】

・全体、事業計画書の中のルールで、議案において、正副の指摘の中に「~~いるの」とか書いている。ですます調で書くようにしたほうがよろしいと思います。
→指摘内容を見直し、修正致しました。

 
・郷中教育のところで、室の統一したテーマとして取り扱うとのことでしたが、どういった合意でしたでしょうか。
→人づくり室は会員研修・青少年育成を行うにあたり、今何が足りないのかということを話し合ったときに、先輩が後輩を育てる、逃げない、負けない心、嘘は言わない、弱いものいじめるななどの意見がでました。スリープメンバーの中にも歴が長い人も多く、教えて欲しいこともたくさんあるので、考えた結果この記載が良いと思いました。

・説明いただいた中での要素に分解したうえで、室に共通するテーマとして、更に的確に表現できるのではないかと思う。郷中教育で描くよりも、より室方針としてよいのではと思う。
→室方針として大きな枠で表記したいと思い記載しております。

・メンバーが具体的な行動をおこすとの具体的なとは?
→本年度、委員会で勉強させられたがメンバー自身が行動を起こすことで、周りに派生していくのではと思った。これも有事災害で各メンバーが考えて行動できるのではと思います。

・2段落目で、最初がメンバーについてで、次に青少年、次にメンバーとなっているが、わかりにくい。順番を考えてください。
→わかりやすく順番を変え再考致しました。

・接続詞「そして」の後で、そのまま青少年系に入っているので再考してほしい。声に出して読んでみておかしいところがみえてきます。
→再考致しました。

・なぜ、コミュニケーション、協調性、自律性が大事なのかを明確にしてほしい。~~だから、~だからこれらが大事という書き方をすればよいのではないか。
→再考致しました。

・市民に向けてのものになるので、一段落目で、青少年・研修のどっちの委員会にもかかるような書き方にお願いしたい。
→わかりやすく、書き方を考え再考致しました。

【会員研修委員会】

・組織として還元できる人財とは?もう少し具体的に書かれたほうが良いと思います
→再考し削除致しました。

 ・我々は本年65周年を迎えますという言葉ですが、室方針から消えているので検討してください
→室方針には記載されておりませんが、必要だと思い記載しております。

 ・JAYCEEとしての意義の定義を教えてください。JAYCEEの意味は多々あるので再度検討してください
→様々な意味があり、具体的な内容に変更しJAYCEEは削除致しました。

 ・鹿児島JCの意義・目的を明確に提示した上でそれを理解して貰い根本となるJCの3信条、「修練、奉仕、友情」を身に着けて貰います。という文章ですが、研修で本当に身につくものですか?もう一度研修について考えてください。
→1回の研修で身にはつかないかもしれませんが、意義・目的を理解・把握してもらう事は研修で行えると思います。JCの会員の中で最も大事な事であり、現在理解している会員が少ないと思い記載致しましたが、別の表現で記載し、上記文言は削除致しました。

 ・外部から講師を招きという文言ですが招くことが新たな気づきなどあるわけではないのでは?内部からもいるのではないか?検討してください。
→委員会内で話し合い、外部に絞らずもう一度調査致します。

【青少年育成委員会】

・時代背景なのか?個人的意見に感じます
→委員会が設置された背景を再考し、修正させていただきました。

・「異常」という文言は避けたほうが良いと思います。
→前後の文章を変更したので、「異常」というワードも削除させていただきました。

・基本ルール、~の為に~どうなるなど守られていません。
→ルールを確認し、修正いたしました。

・地区、ブロックは含まれないのですか?
→追記させていただきました。

【第2回正副室長予定者会議】
【全体】
・「、」を適正な場所に置くこと。まずは、文章としてつなげてください。
→文章を適正にチェックし、精査しました。

・室名は、左詰め、名前は右に詰めてスペースを置かないでください。
→ルールに則し、修正いたしました。

・1段落目はなぜ、室・委員会が設置されているのかの問題定義です。背景をかいて問題定義のルールをもう一度見直してください。理事長所信の背景読み取って、調査分析を自分なりに書きましょう。
→理事長所信を読み取って、調査分析した内容を記載・反映しました。

・1段落目読んでて、意味がわかっているのか?1行目が必要なのか?若者の流失だけが問題なのか?20162017アプローチしているので確認をしてください。
→数ある問題の中で若者の流失が問題と思い、表記しましたが、再考いたしました。

・テーマを決めているのであれば、郷中教育の内容を頭に持ってくるのがいいのではないか?
→そのようにいたしました

1段落目、65年目はいるの?受け継いだ?いるの?
→単年度制という組織の中で、受け継いで65目を迎えていると考えております。

・2段落目は手法を書くのであって、背景をもってきたらよいのではないか?
→申し訳ありません。修正をいたしました。

人に読んでもらう事が必要。委員長だけではなく、スタッフにも確認してもらい意見をもらって書いてほしい。
→委員長はじめ、読んでいただきました。

どういう人を作っていきたいのか?地域課題を色々ある中で人にスポットをあててますという事をかく。
→理事長はじめ、両委員長と相談したうえでどのような人を作っていくか検討いたします。

見つめなおすのではなく使うか使わないか決めるのは自分たち。
→私たちが見つめなおす役割を担い、方向性を示していけるように努力いたします。

郷中教育を使うのか、もしくは委員長で話し合う。
→両委員長と検討した結果、郷中教育の習わしなどをヒントにひとづくりをしていくようにいたしました。

ひとづくりのテーマで背景があって、2段落目に落とすなら大丈夫だけど、唐突すぎる部分があるよね
→修正いたしました。

それぞれの委員会を統括するひとづくりに何が必要かを確認して書く。おのずと3段落目が自然と出てきます。
→検討いたしました

2段落目の文章が長い。
→区切りをつけました

19.その他(添付資料等)

20.当日回覧資料

21.添付資料

2019年度基本方針(ひとづくり室).pdf

カテゴリ