エクスカーションの件

部会名 :日本JC担当部会

委員会名:地域創造委員会

副実行委員長名:木下省一朗  確認日:2017年12月3日

部会長名   :東鶴真児      確認日:2017年12月3日

担当委員長名 :鹿島大輔      確認日:2017年12月3日

1.事業目的

2018 JCI ASPAC鹿児島大会が開催されるに伴い、世界中、日本国内のメンバーに対して鹿児島を「知って、食して、楽しむ」を体感してもらい、鹿児島のファンになってもらう事を目的と致します。

2.事業の方向性
2018 JCI ASPAC鹿児島大会開催後も、世界中、日本国内のメンバーが、鹿児島を訪れてみたいと思っていただく必要があります。そのためには、鹿児島の魅力を感じていただく必要があります。

 3.実施日時

平成29年12月20日(第9回COC会議)  討議
平成30年 1月24日(第10回COC会議) 協議
平成30年 2月24日(第11回COC会議) 審議
   

4.実施場所・会場

鹿児島県内一円

5.参加員数計画並びに参加推進方法

無し

6.予算総額

 

7.外部協力者

公益社団法人日本青年会議所鹿児島ブロック協議会

東武トップツアーズ(株)

8.コンプライアンス確認有無

9.対外配布資料の有無

10.実施組織

東武トップツアーズ(株)との打合せ:日本JC担当部会

11.事業内容

ASPAC鹿児島大会期間中に鹿児島の魅力を体感して頂くために、エクスカーションを計画致します。
討議して欲しい内容
・エクスカーションテーマについて
・日程(日帰り・宿泊)及び開催日程について
・業者の選定
・保証金等について※最低保証がない場合は、開催しないエクスカーションが出てくる可能性あり。

エクスカーションテーマ

1.鹿児島を『知って・食して・楽しむ』

※①ASPAC期間中に県内に長く滞在してもらう

 ②鹿児島のファンになってもらって再度来てもらえる 

2.開催時期

平成30年5月22日~5月29日 (大会開催期間5月24日~27日の前後2日を含む)

3.コース数(予定)

 ①日帰り 5本(歴史・温泉・食事等)

 ②宿泊  3本(離島、温泉地等)

※各ロムの理事長にお願いをして、案内したい場所、世界に発信したい場所等を出してもらう

4.参考事例

①山形大会では6月4日~7日の開催でエクスカーションは6日に日帰り7コース
 募集金額及び募集人数
(金額2,000~5,000円、募集人員各25名、合計7コース×25名=175名)

②ウランバートル大会期間中は毎日開催で12コース(日帰り〜2拍3日)の12コース
 募集金額
(金額は3,000円〜55,000円)

5.現状

平成29年11月6日のCOC会議
参加者
公益社団法人日本青年会議所鹿児島ブロック協議会 
音羽副会長、新里委員長、中俣次年度専務、高木次年度委員長、
東鶴部会長、鹿島副部会長、日本JC担当委員会 増山、玉井、亘、濵田、政
①旅行会社については、鹿児島JCの旅行会社で窓口をまとめる。
②各LOMについては、中俣次年度専務が取りまとめる
※各LOM単独・地域でどのようにエクスカーションを出すのか取り纏める。
③現在出ているエクスカーション資料
・いちき串木野は、日帰りの単独案を考察中 
 美山で陶芸体験 → 串木野で昼食(マグロ・海鮮) → 留学生記念館
・さつま出水・徳之島はざっくりした案を打診中
その他 1-1.鹿児島エクスカーション(案).pdf

12.メンバー及びボランティアへの依頼で事項

無し

13.調査分析

14.添付資料

1-1.鹿児島エクスカーション(案).pdf

15.前回までの流れ(意見対応)

14.議案上程スケジュール

第9回  COC会議 2017年12月20日 討議

第10回 COC会議 2018年 1月24日 協議

第11回 COC会議 2018年 2月23日 審議

カテゴリ