2018年度 世界と鹿児島室 基本方針・事業計画(案)の件

2018年度 公益社団法人 鹿児島青年会議所
事業計画書

議案名

2018年度 世界と鹿児島室 基本方針・事業計画(案)の件

会議名

2018年度 第3回理事予定者会議

種 別

2017年 12月 4日 審議

委員会名

世界と鹿児島室

窓口副理事長名

山ノ内 元治

確認日

2017年12月1日

担当室長名

立山 修介

確認日

2017年12月1日

委員長名

大迫 陽平  内村 明高

確認日

2017年12月1日

副委員長名

作成日

2017年12月1日

公益社団法人認定法に関わる事業の分類

1.事業名

2.事業実施に至る背景

3.事業目的(対外)

4.事業目的(対内)

5.事業内容

6.実施日時

7.実施場所・会場

8.予算総額(詳細は別紙予算書)

9. 参加員数計画並びに参加推進方法

10.外部協力者・団体

11.実施組織

12.実施スケジュール 

 13.前年度よりの引継事項

14.本年の工夫と期待される効果(地球環境への配慮を含む)

15.事業に対する調査分析・ビジョン(将来像)

16. メンバーへの依頼事項

17. 協議・審議のポイント

18.正副会議での意見及び対応

【第3回正副室長予定者会議】
(郷土づくり委員会)
・年間事業フレームの字が飛んでいるところがあるので、修正をお願いします。
→再度精査し、修正いたしました。

【第3回正副室長予定者会議前ヒアリング】
・一年を通じ800字がバイブルとなる。方針・事業計画に基づいてぶれることなくしっかり運営を行うように。
→室・委員会ともに方針・事業計画をしっかりと全うします。

【第2回理事予定者会議】

世界と鹿児島室
・1段落目、1~3行目読みにくいので整理
→背景目的について全文を再考しました。
・1段落目、地域発展~とともに、順序の整理
背景目的について全文を再考しました。
・地方創生文言再考
背景目的について全文を再考しました。
・1段落目、地理的~意味が違う
背景目的について全文を再考しました。

郷土づくり委員会
・2段落目、伝統文化継承を使い過ぎなので削れるところは削ってまだ書ける部分を使う
→内容を再考し、修正いたしました。
・2段落目、じゃがいもクラブへ協力~、現役がシニアに協力することがあるか。修正
→内容を再考し、表現を修正いたしました。
・2段落目、機会を設けます。「そして」の接続はおかしい
→2段落目全体の
接続詞を修正いたしました。
・2段落目、より良い伝統~、兄弟JCのことか。伝統文化継承の為か。
→目的を再考し、修正いたしました。
・2段落目、2行目、養います。この委員会が養うのか。表現再考
→理事長所信に則り、再考、修正いたしました。


国際関係委員会
1段落目、最後、自立する意識を高めるの表現再考
→「自立する」ことを課題と位置づけ、1段落目の構成を修正しました。
2段落目、交流の歴史と貢献、貢献を見つめがしっくりこない。分けるか、文言を追加かする。
→表現を見直し、修正しました。
2段落目、深まりを醸成、国際意識を醸成するならわかる。深めるのか醸成するのか2重に感じる。
→「国際意識を醸成する」に変更しました。
3段落目、自立する人財だけではない。自立して〇〇する人財とか。それか他に置き換えるか。
→「自立」を課題に位置づけ、「世界を舞台に活躍する」という表現に修正しました。
2段落目、下から4行目。2つぐらいに分けて書くと言い。わかりにくい。
→段落の構成を見直しました。
2段落目、国際交流の「技術」、説明がないとピンとこない。表現再考。
→該当する文の表現を全体的に再考しました。
1段落目、グローバル化の~「好機」が何にかかっているかわからない。スマートに、ストレートに記載。
→1段落目の表現を再考しました。
2段楽目、地域や国家に~皆に伝わるか。よく考えればできるので一度見直して。
→表現を再考しました。


【第2回正副室長予定者会議】
世界と鹿児島室
・1段落目、「実施しながらも」表現の再考。

→文章を再考し書き換えました。
・1段落目、「その機会を最大限に活かせずにいる中で」違った表記を再考。
→文章を再考し書き換えました。
・地域活性化の意義とは何か明確に答えられるように勉強するか、表現の再考。
→地域活性化の意義について、言葉の意味を再度調べたうえで修正しました。
・1段落目、「国際都市として先導的役割」表現の再考。
→文章を再考し書き換えました。
・1段落目、「異文化の多様性を共有し」表現の再考。
→文章を再考し書き換えました。
・2段落目「姉妹JC盟約窓口となり」削除。
削除しました。

郷土づくり委員会
・一度消してもう一度考えてみて。
→全文を見直して各段落の文章構成、目的・手法・効果、表現を再考し、修正いたしました。
・1段落目、「古き良き伝統文化が多数存在しますが」表現の再考。
→「各地域に根付く伝統文化が多数存在しますが」と表現を変更いたしました。
・1段落目、なぜ休止しなければならなくなったのか。追及すること。
→鹿児島市文化財課にヒアリングを行い、活動を休止している理由として、参加者の高齢化と後継者減少が主な原因のようだとの回答をいただきましたので、その旨を記載いたしました。
・1段落目、句読点が多すぎて切れ切れになり読みにくい。
→1段落目全体を読み直し、読点を数か所削除いたしました。
・鹿児島祇園祭かおぎおんさぁどちらかにすること。
→「おぎおんさぁ」に統一させていただきました。
・2段落目、「ひと」と「まち」にするなり再考。
→「ひと」と「まち」にさせていただきました。
・2段落目、下から3行目から、もっといい表現があるはず。
→2段落目、最後の一文を精査し、修正いたしました。
・活性化という言葉は使いやすい言葉だがもう一度精査。室も。
→2段落目、最後の一文を精査し、修正いたしました。
・3段落目、1行目最後から、文がおかしい。2段落までで得た効果で12月31日の姿をかくところ。
→3段落目を全体的に見返し、修正いたしました。
・職務分掌にASPAC実行委員会の役割も書くこと。
→記載させていただきました。

国際関係委員会
・文はいいのだがオリジナルの書き方になり委員長の色が強すぎるので、記載方法を精査。
→過去の事業計画や報告書を参考に、表現を再考しました。
・1段落目、「吸収し」とある。であれば昔からつながりがあった。次の文章に繋がってこないので再考。
→1段落目の全体を再考いたしました。
・1段落目、独自性ある「都市」なのか。
→都市に限らない表現に変更しました。
・1段落目、問題提議の部分が読みにくいので修正。
→文章の構成を全体的に変更いたしました。
・1段落目、〇〇することで、は手法。背景・目的を書く。
→手法的な表現を避け、全体的に再考しました。
・1段落目、パートナーとしてどこがどう選んできたのか。どうしたらわかるのか。
→一対一の関係に限らないと考え、全体的に再考しました。
・生き抜くことを目的とした国際都市なのか?
→世界的な発展を意識し、表現を再考しました。 


【第1回理事予定者会議】
世界と鹿児島室
・1段落目、繋留地という字が難読です。書き方、表現を再考して下さい。
→繋留地は削除しました。
・1段落目、日本人の価値観と鹿児島独自の~という部分の、日本と鹿児島を併記せず分けた方が良い。
→日本人のから始まる文を再考しました。
・1段落目、発展させ飛躍できる~我々が発展させるのか、させるの表現を再考。
→文章を削除し書き換えました。
・1段落目、背景目的の記載方法を整理して読みやすくすること
→全文において再考しました。
・2段落目、日本人としてのアイデンティティを確立させることができるのか。表現を踏まえ再考。
→文章を削除し再考しました。
・2段落目、セネターの窓口となること並びに~無理にくっつけない方が良い。
→一つ一つ分けるよう再考しました。
・2段落目、何のために何をするという記載方法と、しっかりとした根拠を記載すること。
→文章を全文にわたり再考しました。
・1、2行目削除。再考。
→削除しました。
・3段落目、環境が構築されることで輝き~文章がつながらない。
→文章につながりができるよう再考しました。

郷土づくり委員会
・1段落目、鹿児島JCやJCシニアの先輩方、鹿児島JCと書いているのでシニアの先輩方でいいのでは。
→「シニアの先輩方」に修正いたしました。
・1段落目、~となっています。が続くと読みにくく意味も分かりづらいので意味を考えながら再考。
→1段落目全体を再考し、修正いたしました。
・2段落目、いきなり地域発展の為とはじまるのではなく、主語を入れること。
→2段落目を全体的に見直し、修正いたしました。
・2段落目、伝統文化の発展の為とあるが変えていいものといけないものがある。
→文章を再考し、「我々の活動を県内外に発信し、おぎおんさぁ以外の文化継承の取り組みを学び、良い部分を取り込むため、各LOMが関わる伝統行事へ参加し、各地域と交流し、伝統文化の活性化につなげます。」と修正致しました。
・2段落目、以上の取り組みによりと締めていいのか。これで締めるのであればまだ書くことはある。
→2段落目を見直し、全体的に修正いたしました。
・2段落目、JCじゃがいもクラブへの協力の意義を、勉強してみてください。
→じゃがいもクラブについてヒアリング、調査を行いました。
・3段落目、文章がおかしいので、よく読んで再考。
→3段落目を再考し、修正いたしました。


国際関係委員会
・1段落目、各地でおきる内向きの傾向のという文が誤解を招くので表現の再考。
→削除し、グローバリズムを生き抜くという前向きな表現に変更しました。
・1段落目、(内向きの傾向~数ある地域の中から選ばれ)ここの部分の前行とよみくらべてしっくりこない。
→1段落目の構成を再考しました。
・2段落目、(JCIとUNによる交流事業を)とあるが、認識不足の部分もあるので精査すること。
→目的を確認し、再考しました。
・2段落目、セネターゴルフに行ってASPACに参加する意味を理解して書くこと。
→セネターゴルフの目的を確認し、再考しました。
・2段落目、最後、(これらにより~)削除・再考
→削除し、段落全体の構成を見直しました。
・2段落目、姉妹JC盟約窓口の記載についての文章がちょっと意味が違う。ヒヤリングして。
→姉妹盟約が、think globally act locallyの意識を持った国際性の実現の手段であることを確認し、再考しました。
・3段落目、輝く先にあるものをしっかりと記載。
具体的な内容として再考しました。

【第一回正副室長予定者会議】

世界と鹿児島室
・1段落目、グローバリズムとナショナリズムの表記の在り方を再考してください。
→文言を削除し再考しました
・1段落目、相互文化理解を促すことは手法です。
→背景に目的に沿うよう再考し修正しました。
・1段落目、発信できる可能性とはどういうことか。再考してください。
→文章のつながりと内容が具体的なとなるよう精査し修正しました。
・2段落目、国際的な価値観の相互理解という文言の意味の記載をお願いします。
→文章を再考しました
・委員長がやる各事業の背景・目的・効果を考慮して全体的に再考してください。
→室、両委員会の担いを再度確認し、再考しました。

郷土づくり委員会
・1段落目、背景の始まりが唐突すぎるので再考をお願いします。
→再考し、修正いたしました。
・1段落目、人材不足~見受けられます。ネガティブ表現なので再考してください。
→ネガティブ表現を削除し、内容を再考し、修正いたしました。
・2段落目、説明会等を行い~学び共有します。学んでどうなるのか。再考。
→2段落目を全体的に再考し、削除致しました。
・2段落目、次世代を担う~礎とします。の文章を再考してください。
→「次世代を担う子供たちに、伝統文化発祥の経緯や歴史を学んでいただき、正しい知識と先達たちの想いを伝えるため、勉強会等を開催し、文化継承の礎とします。」と文章を再考し、修正致しました。
・2段落目、子供たちにまちをすきになってもらってどうするのか。
→「伝統文化に携わる楽しさを体感していただくため、子供神輿への参加機会を提供し、子供たちにまちを好きになってもらい、郷土愛喚起のきっかけとします。」と文章を再考し、修正致しました。
・鹿児島JCじゃがいもクラブへの協力の記載がありません。
→2段落目に記載致しました。

国際関係委員会
・背景を難しく考えすぎ。端的に書いてください。
→鹿児島の強みをどう活かすかという流れに変更しました。
・1段落目、世界情勢の紹介はいらないので削除し再考してください。
→文言を削除し、再考しました。
・2段落目、この委員会は風土づくりを目指すのか。再考してください。
→2段落目の全体的な構成を見直しました。
・開発目標を開発する目標を設けるのか。再考してください。
→開発目標を学習する機会を設けます。
・これら3つの学びがどれにかかっているかがわからない。再考してください。
→2段落目の全体的な構成を見直しました。
・2段落目、世界と正面~啓発していきます。何のためか。
→文言を削除し、再考しました。
・全体的に手法が弱い。紹介のような文言は再考し修正してください。
→業務分掌と手法が対応するよう再考いたしました。

19.その他(添付予定資料等)
 2018年度 世界と鹿児島 基本方針・事業計画(案)
 2018年度 年間事業フレーム (郷土づくり委員会) 
 2018年度 年間事業フレーム (国際関係委員会)

20.当日回覧資料

21.添付資料
 2018年度 世界と鹿児島 基本方針・事業計画(案)
 2018年度 年間事業フレーム (郷土づくり委員会)
 2018年度 年間事業フレーム (国際関係委員会)

 

カテゴリ