災害時相互協力協定書の件

2017年度 公益社団法人 鹿児島青年会議所
事業計画書

議案名

災害時相互協力協定書について

会議名

9月 理事会

種 別

9月12日 協議

委員会名

地域創造委員会

窓口副理事長名

木下省一朗

確認日:

2017年9月9日

担当室長名

東鶴真児

確認日:

2017年9月9日

委員長名

鹿島大輔

確認日:

2017年9月9日

副委員長名

増山洋平 
若松史朗

作成日:

2017年9月9日

公益社団法人認定法に関わる事業の分類

1.事業名

災害時相互協力協定書について

2.事業実施に至る背景

昨今、日本中で災害が頻繁に起こっている現状があり、ここ鹿児島でも災害発生時に社会福祉協議会と連携をとり、支援活動が円滑に展開され被災地の生活安定・復旧復興に効果的な支援が必要となります。

3.事業目的(対外)

4.事業目的(対内)

5.事業内容

鹿児島市社会福祉協議会と

公益社団法人鹿児島青年会議所との災害時相互協力協定式

1-1.鹿児島青年会議所災害協定(案).pdf

【調印者】
社会福祉法人 鹿児島市社会福祉協議会
会長 松木園 富雄 様

公益社団法人 鹿児島青年会議所
2017年度理事長 嶽釜 勇一郎

6.実施日時

平成29年10月2日(月)15時00分から16時00分

7.実施場所・会場

かごしま市民福祉プラザ
鹿児島市社会福祉協議会ボランティアセンター 5階会議室

所在地:〒892-0816 鹿児島市山下町15-1

電話: 099ー221-6072

8.予算総額(詳細は別紙予算書)

9. 参加員数計画並びに参加推進方法

 10.外部協力者・団体

鹿児島市社会福祉協議会

鹿児島ブロック協議会 自国への誇り確立委員会

11.実施組織

鹿児島市社会福祉協議会

鹿児島ブロック協議会 自国への誇り確立委員会

鹿児島青年会議所 地域創造委員会

12.実施スケジュール

13.前年度よりの引継事項

14.本年の工夫と期待される効果(地球環境への配慮を含む)

15.事業に対する調査分析・ビジョン(将来像)

2015年に鹿児島県社会福祉協議会と鹿児島ブロック協議会との災害時相互協力締結を結びました。実際災害が起きた場合は、地域での現場活動になることになりますので、各地域の社会福祉協議会と青年会議所が円滑に連携を取れる体制を整えなければなりません。

16.メンバーへの依頼事項

17.協議・審議のポイント

災害時相互協力協定書の内容

18.正副会議での意見及び対応

19.その他(添付予定資料等)

1-1.鹿児島青年会議所災害協定(案).pdf

1-1.鹿児島青年会議所災害協定(案).docx

20.当日回覧資料

  なし

21.添付資料

 

カテゴリ