利川青年会議所(訪利)公式訪問及び公式会議(案)の件

2017年度 公益社団法人 鹿児島青年会議所
事業計画書

議案名

利川青年会議所(訪利)公式訪問及び公式会議(案)の件

会議名

9月 理事会

種 別

9月 12日 協議

委員会名

国際関係委員会

窓口副理事長名

山ノ内 元治

確認日

:2017年9月9日

担当室長名

德永 麻里紗

確認日

:2017年9月9日

委員長名

小島 大輔

確認日

:2017年9月9日

副委員長名

頼冨 勇治
坂本 秀一郎 

1.    事業名

利川青年会議所(訪利)公式訪問及び公式会議(案)の件

2.    事業実施に至る背景

鹿児島青年会議所は、姉妹盟約を締結している韓国利川青年会議所と39年の永きに亘る交流において、途切れることなく信頼関係と友情を維持し、国際交流の橋渡し役となってまいりました。共通理念を持つ青年会議所だからこそ成せるこの国際交流は、地域の相互発展のために両市の永続的な関係を期すると共に、更なる民間外交を発展させていく必要があると考えます。

3.    事業目的(対外)

鹿児島市と利川市の親善と友好に寄与することを目的とします。

4.    事業目的(対内)

利川青年会議所メンバーとの交流を通じて更なる友情を深め、異文化の価値観を認識し、相互理解を深めることを目的とします。

5.    事業内容

【利川市長表敬訪問】

民間外交の先導役として両青年会議所の交流を通じて、両市の親善・友好を更に発展させていくために利川市長表敬訪問を行います。(※鹿児島市長からの書簡を受け渡せるかは現在調整中)

●対象者:訪利鹿児島青年会議所メンバー(171名)・利川青年会議所メンバー(48名)

日時 :2017年10月13日(金)17:00~17:30

場所:利川市役所

【公式会議】

今後の交流事業の方向性・姉妹盟約40周年事業などについて、打合せを行います。またお互いの交流事業に対する姿勢や取り組みを確認し、今後いかに発展させていくかを話し合います。

※詳細はタイムテーブルに記載

(対象者:理事長、次年度理事長予定者、専務理事、次年度専務理事予定者、国際室窓口副理事長、次年度国際室窓口副理事長、国際室室長、次年度国際室室長予定者、国際関係委員会委員長、次年度国際委員長予定者、国際関係委員会メンバー、郷土の魅力発信委員会=撮影者1名)

《参考》交流会及び親睦会について

利川青年会議所メンバーとの交流会を行い、個々の友情の深化を図ります。
また、利川市の訪問を通して異文化を体感していただきます。

親睦会においては、両青年会議所メンバーがお互いに相手を知り、また自分を伝えて親睦を深める機会としていただきます。※2日目全般                             

6.    実施日時

【利川市長表敬訪問】

2017年10月13日(金)17:00~17:30

【公式会議】

2017年10月13日(金)18:00~19:00

7.    実施場所・会場 

【利川市長表敬訪問】 利川市役所

【公式会議】 ミランダホテル

8.    予算総額(詳細は別紙予算書)

1-1.事業収支予算書

1-2.見積書(利川市長お土産代)

 

9.    参加員数計画並びに参加推進方法

【参加動員計画】

(参加対象者)【利川市長表敬訪問】【公式会議】

・鹿児島青年会議所(171名)

理事長、次年度理事長予定者、専務理事、次年度専務理事予定者、国際室窓口副理事長、次年度国際系窓口副理事長、国際室室長、次年度国際系室長予定者、国際関係委員会委員長、次年度国際系委員長予定者、国際関係委員会メンバー、郷土の魅力発信委員会(撮影者として)

・利川青年会議所(48名)

【参加推進方法】

・鹿児島青年会議所メンバーに対し、事前に電話・メール等で登録の連絡、確認をいたします。

・エントリーボードを立ち上げ参加を推進いたします。

・メンバーが参加しやすいように、旅程日程(二泊三日)の概算料金を審議通過後すぐに提案いたします。

・シニアクラブへの案内は、利川クラブの先輩方を中心にお願いしています。

10.  外部協力者・団体

・利川青年会議所

・利川市役所

・鹿児島市役所 市長室 国際交流課

11.  実施組織

2017年度 国際関係委員会

 

12.  実施スケジュール

 8月  7日(月) 8月正副室長会議

 8月 16日(火) 8月理事会     【協議】

 9月  4日(月) 9月正副室長会議

 9月 12日(火) 9月理事会     【協議】

10月  2日(月) 10月正副室長会議

10月 10日(火) 10月理事会    【審議】

10月 13日(金) 事業実施      【実施】

11月  6日(月) 11月正副室長会議

11月 14日(火) 11月理事会    【報告審議】

 

13.  前年度よりの引継事項

【2016年度 国際関係委員会 報告より】

<前準備段階>

・鹿児島市長から利川市長へ送る親書は、早めに鹿児島市国際交流課にお願いする必要があります。鹿児島市 国際交流課とは常に連絡を取り合い、情報交換を行っておく必要があります。

⇒事前に鹿児島市国際交流課に訪利予定を伝え、審議通過後すぐに正式に親書のお願いをいたします。

<公式会議>

・長めの公式会議の時間を設定していましたので様々なご意見がありました。今後何を両市の為に行わなくてはならないのかを考え、今度の理就任式典の際に確定する必要があります。

⇒事前に会議内容、決定しなければいけない事項をお互いに準備し伝え、公式会議をおこないます。

<表敬訪問>

・今回は市長がスケジュールが合わないため、代理の方が対応してくださいましたが、2日目の利川JC事業の際に利川市長がこられましたのでご挨拶することが叶いました。事前に何も知らされていませんでしたので、今後は市長とより深く話ができるように事前に確認し、無理な場合は時間の変更や日程の調整を行う必要があります。

⇒利川訪問時の詳細スケジュールを事前に確認いたします。

<交流会>

・2日目において今回は、利川JC事業(赤ちゃん写真コンテスト)に参加をいたしました。他団体の事業内容を知り親睦を図る事ができたものと思います。今回は初の試みでありましたので、受け入れ側の意見を尊重する形となりました。今後は利川JC側の事業をもっと良くする事や、市民の方々へ鹿児島をより良く知ってもらえるような事業にする必要があります。

⇒鹿児島青年会議所メンバーに、訪利の際に鹿児島のPRのためにしたい事など、事前に聞き取りを行い、利川青年会議所に伝えます。

・交流においては日常パターンとはかけ離れた、多くの飲食を行います。自己の体調管理が必要となります。ただでさえ、海外という普段とは異なる環境において、風土・食べ物の違いにより体調を崩しやすくなります。薬の持参や、自己の体調管理を徹底する必要があります。国際の委員会は予め注意を促すと共に何かあった際の対応を事前に把握しておく必要があります。

⇒参加者へ薬の持参についての連絡を行い、国際関係委員会は予備の薬を持参します。また、緊急搬送の病院などを利川青年会議所に事前に確認します。



14.本年の工夫と期待される効果(地球環境への配慮を含む)

【工夫1】

利川市長に鹿児島青年会議所側の質問事項などを事前にお送ります。

【効果1】

利川市と鹿児島青年会議所との関係性を深めてまいります。

【工夫2】

利川市長様への記念品として、郷土の工芸品を贈呈いたします。

【効果2】

鹿児島の伝統工芸を使用した記念品を贈呈することにより、鹿児島へのより深い理解とPRができると考えます。

15.  事業に対する調査分析・ビジョン(将来像)

【調査分析】

<利川青年会議所との交流について>

・鹿児島青年会議所と利川青年会議所の交流事業は1979年の姉妹盟約締結より途切れることなく引き継がれ、2016年度で39年目を迎える歴史のある事業であり、「世界との友情」を三信条のひとつに掲げるJCの重要な事業である。
・2005年に鹿児島市長が訪利、その後には鹿児島市と利川市の市役所職員を互いに派遣するなど、行政間での交流へと繋がってきており、今後も継続して行政へアピールすることで両市の関係発展に寄与することが、民間外交としての重要な役割を果たしている。

・利川青年会議所との交流は両青年会議所の枠を超え両市の交流へと発展してきました。また2014年、利川青年会議所はJCI韓国より長年の鹿児島青年会議所との交流に対して「国際関係賞」が授与されました。これは鹿児島青年会議所にも授与されたものと受け取れ、これまでの歴史を積み重ねてこられた先輩方の感謝の心と共に両青年会議所の永遠の友情への誓いを果たしていく必要がある。

<過去3年間鹿児島青年会議所訪利人数> ※過去の報告議案参照

2014年:24名 2015年:16名 2016年:16人

<過去3年間鹿児島青年会議所訪利時事業> ※過去の報告議案参照

2014年:ホームステイ事業 

2015年:7グループに分けて観光

2016年:利川JCが行う事業(赤ちゃん写真コンテスト)に参加

<来鹿外国人観光客動向調査> ※鹿児島県観光交流局観光課資料 数値表別紙参照

海外からの宿泊客のうち、アジア地域別(鹿児島空港直行便)にみると、25年度年間150,240人、25年度年間170,865人、26年度においても8月までのトータル前年対比117.74%と鹿児島を訪れている外国人観光客は年々増加傾向であるが、本年度においては韓国からの来鹿観光客数は26年度8785人に対し27年度17,865人203%と増加傾向にある。

分析:国際都市鹿児島を目指すためには再度鹿児島の魅力をアピールし韓国からの観光客誘致に力を入れていく必要がある。

<利川公式訪問 鹿児島JCメンバーの意見>

 利川公式訪問に関するアンケート結果において、既に55%のメンバーが不参加を決定しており、不参加の理由を確認したところ、スケジュールや仕事の都合が60%を占めています。まだ2か月以上ありますので、スケジュールの再調整をしていただけるよう、積極的に情報を発信していく必要があります。

利川を訪問した回数についてのアンケートでは、75%の方が訪問した経験がないという結果となりました。参加を検討されているメンバーの理由として、「利川青年会議所が鹿児島に来た際に交流し、楽しかった」が41%であり、まだ利川には行ったことはないが、6月に利川青年会議所が来鹿した際に、懇親会などに参加いただいたメンバーに積極的に声がけを行っていく必要があります。

利川の観光名所、名産などのアンケートにおいて、温泉や茶道について認知度が低いことが分かりました。今回、利川青年会議所から、温泉施設の「スパリゾート テールメデン」と雪峯書院での伝統文化体験(茶道)を計画いただいています。利川の新たな魅力の発見につながると考えます。

4-5.アンケート集計 利川

<過去の記念事業について>

 20周年、30周年の際は、記念式典(鹿児島・利川)、記念植樹、記念誌の発行を行っていました。2016年9月に利川に訪問した時から、記念式典、記念誌のことが議題にありましたが、記念植樹について、これまで同様に行うか、又は別のことを行うか検討しなければなりません。10月に訪問する際の公式会議の議題に追記いたしました。

4-6.利川JC・鹿児島JC 交流事業一覧

 

【ビジョン(将来像)】

鹿児島青年会議所と利川青年会議所が途切れることなく信頼関係と友情を維持し、国際交流の橋渡し役となり続けることで、両市の永続的な関係に期することができます。そして、更なるに両市の発展に寄与し、世界に誇れる鹿児島につながると確信いたします。

 

16.  メンバーへの依頼事項

・国際関係委員会を中心にメンバー用のしおりを作成し、各委員長及び運営幹事メーリングにて資料を送信致します。ついては各委員会メンバーの皆様へ転送していただき、参加して頂けるメンバーの方は、資料を印刷して参加して頂くようお願いいたします。

・各委員長や国際交流事業経験者より参加経験のないメンバーへ、利川青年会議所メンバーとの交流の楽しさを伝えていただき積極的な参加を推進してくださるようお願いいたします。

・渡航期間中は時間厳守でお願い致します。

・渡航先が海外であるという事を十分に認識し、身の回りの安全注意、なれない水道水を飲まない、深夜の連絡の取れないような行動を慎む等、行動規律には十分気を付けて下さい。

・パスポートの有効期限の確認・準備をお願いいたします。

17.  協議・審議のポイント

背景・目的・事業全般

18.  正副会議での意見及び対応

<9月正副室長会議>

・利川青年会議所から提案があった「スパ」での交流については、別の案を検討してください。
⇒「スパ」での交流ではなく、「韓国伝統文化体験」か「陶芸体験」を検討いただいています。

・来年度実施する交流事業の内容をどうするか検討してください。
⇒4-9.公式会議事前検討資料、4-10.20周年・30周年担当委員長からのヒアリングを添付いたしました。

 

<8月理事会>

・利川青年会議所との打合せ内容について、記録を作成してください。
⇒「4-7.利川JCとのやりとり」を作成し添付いたしました。

・公式会議の議題の中に「経済交流会」についてとありますが、どういった経緯で出た議題か把握してください。
⇒「4-8.公式会議議事録」を作成し、「経済交流」について記載しました。

 

<8月正副室長会議>

・来年は、姉妹盟約40周年ですので、過去の周年の事業などについて調査分析を行ってください。
⇒過去38年の交流事業を調査し、調査分析に追記しました。

・公式会議の内容を記載してください。
⇒公式会議の内容について、2-1.タイムテーブル「公式会議」に詳細を追記しました。

・鹿児島JCの参加人数は未定ではなく、171名です。
⇒鹿児島JCの参加人数を171名に修正いたしました。

・日程が確定している場合は、早く案内を出してください。
⇒日程は、2017年10月13日(金)~15日(日)と決定しています。鹿児島JCメンバーへは、運営幹事から各委員会に、日程と概算金額についての案内をお送りしました。

 

19.その他(添付予定資料等)

1.予算

 1-1.事業収支予算書

 1-2.見積書(利川市長お土産代)

2.公式会議

 2-1.タイムテーブル「公式訪問」

 2-2.式次第対内用「公式会議」

 2-3.参加者名簿「公式訪問」

3.アンケート

 3-1.アンケート対内用「公式訪問」

 3-2.アンケート利川用「公式訪問」

4.参考資料

 4-1.全体スケジュール(訪利)

 4-2.概算渡航費

 4-3.2017利川青年会議所 理事名簿

 4-4.2016年 公式会議音源より

 4-5.アンケート集計 利川

 4-6.利川JC・鹿児島JC 交流事業一覧

 4-7.利川JCとのやりとり

 4-8.公式会議議事録

 4-9.公式会議事前検討資料

 4-10.20周年・30周年担当委員長からのヒアリング

 

20.当日回覧資料

21.添付資料

利川公式訪問 添付資料まとめ.zip

カテゴリ