仮会員研修事業計画(案)の件

2017年度 公益社団法人 鹿児島青年会議所
事業計画書

議案名 仮会員研修事業計画(案)
会議名 2017年 2月 理事会
種 別 2月 13日 協議
委員会名 会員研修委員会
窓口副理事長名 山ノ内元治 確認日: 2017年 2月 10日
担当室長名 鈴木 義文 確認日: 2017年 2月 10日
委員長名 松下幸太郎 確認日: 2017年 2月 10日
副委員長名 尾曲 真尋
森山 剛充
作成日: 2017年 2月 10日

●公益社団法人認定法に関わる事業の分類
他1 指導力開発事業
1.事業名
仮会員研修事業計画

2.事業実施に至る背景
本来、地域の「ビジネスリーダー」いわゆる青年経済人が多数集まる青年会議所において、それぞれが持つリーダー力を発揮しきれていないメンバーが多数見受けられます。今年度入会する仮会員にはJC活動・運動において自発的な考えや行動を引き出し遠慮なく自信をもって発揮し活躍していただく事が必要と考えます。

3.事業目的(対外)
なし

4.事業目的(対内)
仮会員がJCを理解し、そのうえで鹿児島JCの現状を知ってもらい、ネガティブに負けない強い意志の醸成と、鹿児島JCにとっての起爆剤となっていただけるよう、そして鹿児島のビジネスリーダーの一人として自発的に行動し活躍できる真のリーダー像を目指していただくことを目的といたします。

5.事業内容

【仮会員研修】
仮会員に対し、1泊2日で2008年度会員研修委員会が改訂編集したテキスト『会員研修プログラム 明日のために』をもとに、鹿児島JC変革の為の起爆剤になりうる人材の育成の場として、体験・体感型の研修を中心に、実践的な体験ができる内容と、今後の活動目的が明確になる研修プログラムを構築し、鹿児島のビジネスリーダーの一人として地域に必要不可欠な人材となるための要素を取り入れながら実施いたします。
〔開講式〕
 1.基調講演:未定
 2.第1会議:「研修概要説明~目標設定」(仮称)
 3.第2会議:「真のリーダー像 ~実践!リーダーシップ~」 (仮称)
 4.第3会議:「組織を活かす重要性 ~実践!コミュニケーションシップ~」(仮称)
 5.第4会議:「集団の意思決定 ~実践!コンセンサス法~」 (仮称)
 6.第5会議:「PDCAサイクル ~Check&Action~」 (仮称)
 7.振り返り
 8.第6会議:「実践!スキンシップと本音」 (仮称)
 9.フリートーキング
10.課題
11.FF法
12.第7会議:「課題発表」 (仮称)
13.第8会議:まとめ~自立型人材への変革~ (仮称)
〔閉講式〕

6.実施日時

■仮会員研修本講
 5月20日(土)9時30分~5月21日(日)13時30分 (案)
■仮会員研修補講
 6月11日(日)10:00~17:00(案)

7.実施場所・会場

■仮会員研修本講座
場所:国民宿舎レインボー桜島(案)
住所:鹿児島県鹿児島市桜島横山町1722-16
電話:099-293-2323

■仮会員研修補講
場所:未定
住所:
電話:

8.予算総額(詳細は別紙予算書)

¥149,000-(内登録料75,000円)

1-1.事業収支予算書
※仮会員参加費(宿泊研修費12,500円1泊3食+登録料1,500円 合計14,000円)

9. 参加員数計画並びに参加推進方法

【仮会員研修本講】
正会員     110名(理事・役員・会員研修委員会以外)
仮会員      50名
正副・理事役員  23名(監事含む)
会員研修委員会  17名
講師        1名
-------------
予定総数    201名
【参加推進計画】
・仮会員の本講100%出席を目指して参加推奨を図ってまいります。
・拡大時から5月20日~21日の仮会員研修本講が入会条件だという旨を周知徹底していただくようお願いをおこなって参ります。
・仮会員に対しては入会状況判定がA判定になった時点で、推薦者に面接・仮会員研修の案内状を配布し、仮会員に必ず渡していただくよう周知のお願いを致します。
・仮会員に対して、会員研修委員会より電話にて出欠有無の最終確認を行います。
・正会員に対しエントリーボードへの登録を呼びかけます。
・4月委員会時に、各委員会への事業PRを実施致します。
・4月例会内の会務報告時に、事業告知を実施致します。

10.外部協力者・団体
鹿児島JCシニアクラブ 未定
※基調講演の講師としてのご協力

11.実施組織
会員研修委員会

12.実施スケジュール

2017年 2月 6日(月)2月正副室長会議
2017年 2月13日(月)2月理事会   【協議】
2017年 3月 7日(火)3月正副室長会議
2017年 3月14日(火)3月理事会   【協議】
2017年 4月 4日(火)4月正副室長会議
2017年 4月11日(火)4月理事会   【審議】
2017年 5月20日(土)
2017年 5月21日(日)仮会員研修    実施
2017年 6月11日(日)仮会員研修補講  実施
2017年 8月 7日(月)8月正副室長会議
2017年 8月15日(火)8月理事会   【報告議案上程】

13.前年度よりの引継事項

【企画段階】
(良かった点)
シナリオ作成までに無駄足にならないように徹底して意思疎通を図る時間を大事にしました。研修の進め方や当日の正会員に対してや仮会員に対しての接し方まで徹底して議論を交わしました。その結果仮会員が研修に集中し前向きな気持ちで研修の時間を過ごせたと考えます。
→委員会メンバーと研修の内容から背景目的、当日の個々の動き、全体の動き等、密に連絡を取り合い、口頭だけではなくデータや書面で残して共有していきます。
(悪かった点)
・本年度研修を行う前にメンバーを誘い「パラダイムシフト」をテーマとした研修を受けに行きました。その研修で感じた事を根幹に企画立案致しましたが、その研修をもっと委員会メンバーを巻き込んで受講すれば全体的に理解する時間や意志疎通などもっとスムーズに図れたのではないかと考えます。
→委員会メンバーと会議を重ね、共につくり上げるという意識を徹底して共有をはかって参ります。
【準備段階】
(良かった点)
・早い段階で各会議のインストラクターを選定し、各自個別にて全体的な流れと担当する会議のイメージを直接伝えました。その結果シナリオが上がってきた時に当初考えていたものと大きなずれがなく委員会メンバーとの意思疎通が図れ細かな話し方や仮会員への姿勢など細かな部分まで練習する事が出来たと考えます。
→早い段階での担当割り振りと内容の精査を実施し、段階的に細部まで練習とリハーサル、イメージ共有ができるようスケジューリングを行います。
(悪かった点)
・本講への参加率に関しても決して高い数字ではありませんでした。「拡大→面接→研修」は連動していると思いますので、拡大会議など委員会メンバーを巻き込んで積極的に参加し状況を把握する事により研修の重要性を伝え参加率向上につながると考えます。
→拡大会議に委員会メンバー全員で積極的に関わっていけるよう促してまいります。
・本研修のイメージや意思疎通の時間は充分取れていたのですが、最終的なリハーサルに費やす時間が足りませんでした。研修当日までのスケジューリングをしっかり立てイメージの共有をしっかりし「練習→修正→練習→修正」を繰り返し完成度の高い研修を行うべきだと考えます。
→早期スケジューリングを心掛け、研修当日までのPDCAサイクルを全員で意識できるよう促してまいります。

【実施段階】
(良かった点)
・委員会メンバー間の意思疎通をしっかりした分、研修を通じて当初予定していた通りのイメージで仮会員研修を進める事が出来ました。
→委員会メンバーとの意思疎通を徹底してまいります。
・ゲーム形式の会議など交えることにより仮会員同士が時間を経るごとにコミュニケーションが活発になりアンケート結果にもありましたように仮会員同士の交流において高い数値結果が出たと考えます。
→受講者がワクワクできる内容を構築し、そこから二次的なメリットがうまれる事も考えながら精査いたします。
・当日、急遽インストラクターを担当するメンバーが仕事の都合で出れなくなり、他のメンバーで対応したが、事前に委員会メンバーが全体を把握していたので無事こなすことが可能となりました。
→全体練習を繰り返し行い、いざという時のリスクマネージメントを行って参ります。
(悪かった点)
・深夜課題の模擬理事会で提出する事業計画書の作成に関して、理解していただくのに時間がかかり、肝心な内容が時間の都合上簡略化してしまったので、事前の済レーションが足りなかったと考えます。
→自分目線ではなく仮会員目線での研修構築も重要視して参ります。
・理事役員の方々にご協力いただきました模擬理事会ですが、事前準備が足りず皆様に大変ご迷惑をおかけし、仮会員にも不安を感じさせてしまったと考えます。
→早期スケジューリングを行い、他メンバーの協力が必要な場合は、早めにお願いと内容説明を行ってまいります。
・特に開講式、閉講式のタイムスケジュール想定があまく、時間がおしてしまいました。綿密な想定を行い当日も時間調整が行えるほどの余裕が必要と考えます。入念なリハーサルやタイムキーパーをおくなどの必要があります。
→タイムスケジュールについて綿密な打合せとシミュレーションを行い、タイムキーパーをおいて管理を行います。
・研修にばかり気を取られてその他の部分(金銭管理や移動など)がおろそかになりました。担当割り振りを基に全員でしっかりとしたシミュレーションをするなどして当日の流れをしっかりと把握しておく必要があります。
→すべての動線を綿密にシュミレーションし、必要な役割のピックアップを行います。そのうえで、それぞれに担当者をおくようにします。

14.本年の工夫と期待される効果(地球環境への配慮を含む)

【工夫】第一会議にて全会議の趣旨説明と流れを説明します。
〔効果〕やみくもに会議が進むことなく受講者が仮会員研修の落としどころを意識しながら受講することで集中力のアップにつながります。

【工夫】第二会議以降、全ての会議の冒頭で各会議の趣旨説明と落としどころを説明します。
〔効果〕受講者の好奇心をくすぐることで、受講意識を高めます。

【工夫】受講者に対するJAYCEEとしての背中の見せ方を意識します。
〔効果〕JAYCEEに対する好奇心を抱いてもらい、積極果敢な人材を育成できることが期待されます。

【工夫】参加者全員が感謝の心と素直な気持ちをもち、今後JC活動を共にする同志としての大人としてのマナーをしっかり伝えて参ります。
〔効果〕仮会員と正会員がお互いに感謝の心と素直な気持ちを持つことでスムーズな対人関係やJC活動が期待できます。

【工夫】積極的なJC活動から繋がる4つの機会を紹介し、JC活動の秘める可能性を説明します。
〔効果〕積極的なJC活動・運動が決して無駄になることは無いという意識作りにつながります。

【工夫】委員会配属後の1回目委員会(6月度委員会)時に、各委員会へ付き添いをしてご案内します。
〔効果〕今後共に活動していく大切な仲間だという思いで組織全体が取り組むことにより、双方積極的な行動に繋げる意識向上を期待できます。

【工夫】正会員承認まで相談窓口を設け、委員会配属後の仮会員の疑問や意見に対応します。
〔効果〕仮会員が安心してJC活動・運動に参加する機運を作れます。

【工夫】入会希望面接時・仮会員オリエンテーション時に今後のスケジュール確認を行います。
〔効果〕仮会員研修の100%出席に繋がります。

【工夫】仮会員の期間、仮会員用のネームとして仮会員全員に着用してもらいます。正会員同様、委員会・例会においても着用していただきます。
〔効果〕正会員同様にネームをつけることで正会員・仮会員ともにお互いの名前所属委員会等がわかり、効率的に友情を育み仲間意識の情勢が期待されます。

15.事業に対する調査分析・ビジョン(将来像)

【調査分析】

『調査1』
組織の価値を高めることとは?
①強い組織づくり
②意識の統一
③自発的行動

『分析1』
自発的に考え行動するリーダーを一人でも多く増やし、その上で意識統一をはかり、同じベクトルを共有することで組織の価値が高まると言えます。

『調査2』
自発的行動がもたらすものとは?
①組織の活性化
②自主性の伝播
③当事者意識
④「一期一会」の覚悟
⑤やりがいと自己成長

『分析2』
周囲に流されて動く。言われたからやる。のような目的意識のはっきりしない状態で活動しても得られるものは少ない上に、組織としても組織力には繋がらない。自発的行動を入会当初より促すことで自分の役割や使命を自覚でき、目的意識を研鑽しながら活動に取り組めるようになると言えます。

『調査3』
仮会員研修と組織力向上のつながりとは?

『分析3』
「青年会議所は未来を見据えて種を蒔く団体である」と日本会頭所信にもあるように、今後の鹿児島青年会議所を担うメンバーに対し「一期一会」の覚悟を持って仮会員研修を行い、今後そのメンバーが活躍することにより、強い組織への変革の道を紡いでいってくれると言えます。

『調査4』
2016年度入会メンバー26名対象アンケート

●JCを続けていく為の明確な理由がありますか?
Yes 22名(88%) No 3名(12%)

●仮会員研修を受けた方は(補講含む)、受講して良かったと思いますか?
Yes 17名(68%) No 2名( 8%) 受講していない 6名(24%)

●仮会員研修に何らかの影響を受けたから退会せずにいられてると思いますか?
Yes 9名(36%) No 10名(40%) 受講していない 6名(24%) 未回答1名

『分析4』
88%がJCを続けていくうえで明確な理由をもって活動している反面、仮会員研修の受講がその後の活動にどのように影響を及ぼしていくのかという事も意識して研修プログラムを構築する必要があると言えます。

『調査5』
会員室対象仮会員研修アンケート
会員研修委員会16名(委員長省く) + LOM活性化委員会メンバー

●あなたが受講した時の仮会員研修の内容を覚えていますか?
Yes 21名(80.8%) No 5名(19.2%)

●研修受講後にこれからのJC活動に対してポジティブになれましたか?
Yes 14名(56.0%) No 11名(44.0%)

●仮会員研修を受講したことが、現在JC活動を続けている要因のひとつになっていますか?
Yes 15名(60.0%) No 10名(40.0%)

●もし、もう一度研修を受講するとしたら、どんな研修を受けたいですか?
①目から鱗満載の人生観に影響する研修会
②鹿児島JCの過去の取組みを踏まえて、今後どういう活動をしていきたいかを考える講義
③人生の糧になる新たな知識を得るような研修
④明るく熱中できる研修
⑤JCという組織、やっていく上での心構え
⑥絆が強まる研修
⑦研修の最後は、一杯呑んで食べて解散する研修
⑧同期、研修員会メンバーとの繋がりが深められる研修
⑨ストーリー性があり、同期の繋がりを最後には感じ、どのような方向性に進むべきなのかをしっかりと掴める研修
⑩愛と魂
⑪楽しく学びになるもの
⑫入る前にもっとちゃんと説明をうけたかった!登録料の意味もわかりません
⑬参加していない為わかりません。すみません汗
⑭正会員研修のディベート
⑮JCIの歴史で培われた技術満載の研修
⑯JCゲームで仮体験
⑰会社に持ち帰ることができる研修
⑱面白い内容
⑲正義・平和・松下委員長の10代頃の武勇伝
⑳今後の仕事に繋がる講習会
未回答

『分析6』
仮会員研修の内容は多くの方が覚えているが、それに対してポジティブになれた方が約半数であるということから、内容の精査が必要であることが分かります。そして仮会員研修が現在JC活動を続けている要因のひとつであると60%の方が感じていることと、研修受講後にポジティブになれた方の56%と近い数値であることから、仮会員研修でポジティブになっていただくことが仮会員研修の価値を高めることに繋がるということが分かります。また、「もし、もう一度研修を受講するとしたら、どんな研修を受けたいですか?」の問いに対し、ほとんどの回答からJC活動をポジティブに楽しみながら取り組みたいという意識があるように感じます。

<調査分析まとめ>
仮会員研修を行う意義と重要性をしっかりと委員会メンバー全員が把握し伝えていかなければ、仮会員に対しての効果が薄れてしまう可能性があります。仮会員研修が何のために行われるのかを理解しないまま正会員になってしまうことで、明確な目的を持てないままJC活動を行わざるをえないメンバーが増えてしまいます。今後のJC発展のためには、活動の基礎となる仮会員研修の質を高め、ぶれない強さを持った仮会員に導き、自分のありかたを理解し目的意識を持ったメンバーがひとりでも多く必要であります。

【ビジョン】
仮会員研修を通じ、目標設定の重要性を学ぶことで、そこから明確な目標を持ち、それを行動に移し実践していける気概に溢れたJAYCEEとなれます。その上で、自らの置かれている状況を把握し、その使命を全うできる認知力、及び判断力を持った人材へと導いてまいります。さらにこれらを駆使することにより、今後あらゆる場面での修練を本質を見失わずに乗り越えていけるポジティブさを身に着けた魅力ある真のリーダー像へとつながります。
真のリーダーが組織内に増えることで、あらゆる場面に対し様々な視点からの魅力が輝きだし、メンバーの好奇心や積極性を引き起こします。その組織から波及する魅力は鹿児島の魅力発展へとつながり、世界に誇れる鹿児島の実現につながると確信いたします。

16.メンバーへの依頼事項

・会場は国民宿舎レインボー桜島です。会場の周知をお願い致します。
・服装は、スーツ、ネクタイ、バッジ、ネームプレート着用にてお願い致します。
・参加の際は研修の趣旨をご理解の上、先輩としての意識を持って参加してください。
・研修中の各会議内での私語はお控え下さい。
・推薦者の方は仮会員への方へJCに入会するための情報をしっかり伝えてください。(入会金・会費・登録料分担金・面接・オリエンテーション・研修・日程等)

17.協議・審議のポイント
背景・目的

18.正副会議での意見及び対応

【2月正副室長会議】

・背景部分において、JCに入会してくるメンバーに出席率の低下とかネガティブな部分を伝えて、頑張ろうという気持ちを萎えさせてしまう可能性があるので、再考してください。
→再考しました。

・理事長所信をもう一度読み込んで、所信に対して意識して計画をたててください。
→再度読み込み再考しました。

・調査分析・背景・目的・事業内容がバラバラですので、もう一度一つのしっかりとした流れで考えてください。
→マトを絞って再考しました。

・調査分析のアンケートの意図はなんですか?現状だと過去を否定しているだけに見えます。変えるべきところは変え、まもるところはしっかりと守る。その意識をもって調査分析してください。
→過去の否定ではなく研修後数年たった時にどのような感覚で仮会員研修を覚えているかということ、仮会員研修がいまの活動にどう結びついているのかという視点で調査しております。

・入会しようとしてるメンバーはJCに対して新しいことを求めてがんばっていこうとしてるメンバーなので、JCで得られるものをもっと大切に考えて構築してください。
→もちろんそれは重要なこととして位置付けしております。少しでも多くの気付きと学びを得てもらうために、まずはどういう姿勢で活動に望むべきかを重要視しております。

・研修会場はなぜレインボー桜島なのですか?また、万が一施設が使えなくなった場合どこでやりますか??
→会場に関しましては暫定ということで、現在、各所問合せ中です。

・仮会員のネームプレートの費用や配布物に関しては、事業費ではなく登録料で賄ってください。
→訂正しました。

・鹿児島JCの組織づくりの中でメンバーが学ぶことができるそんな研修をしてください。
→共に組織づくりをしてもらうメンバーになってもらうべく、そして組織に対してポジティブな人材に導いていけるよう計画しております。

(会員室して)

・会員室として、方向性をしっかりもって、事業を行ってください。
→会員室として、今年度入会されるメンバーに関しては、『ポジティブなメンバーに導く』をテーマに事業を構築してまいります。
LOM活性化委員会には、面接において、書類だけではわからない事、また今後のスケジュール等をしっかり伝え個々人で予定管理をしっかりできるように、オリエンテーションでは、従来のJCの理念等は研修に一任し、ドレスコードや鹿児島JCでJAYCEEとして活動するにあたっての基本的な事項を伝える場とします。
また仮会員研修では、そのJCの理念、目指しているものの共有及び、JAYCEEとして、率先して行動していく真のリーダーを目指してもらい、今後の活動に対し積極的な行動を起こせるメンバーへと導いてまいります。

19.その他(添付予定資料等)

1.予算関係
 1-1.事業収支予算書
 1-2.会議室見積書
 1-3.仮会員ネームプレート
 1-4.仮会員研修資料作成見積書
 1-5.仮会員研修式次第・資料作成見積書
 1-6.仮会員研修参加記念品見積書
 1-7.消耗品一覧
 1-8.消耗品見積書
 1-9.交通費参考資料

2.仮会員研修関係
 2-1.仮会員研修本講当日スケジュール
 2-2.明日のために

3.案内文関係
 3-1.仮会員研修案内
 3-2.仮会員研修会案内文(正会員用)
 3-3.参加上の注意(御願い)

4.参考資料
 4-1.仮会員用JCネーム
 4-2.仮会員研修概要

20.当日回覧資料
  なし

21.添付資料
添付資料まとめ

カテゴリ