2017年度 地域室 基本方針・事業計画(案)の件

2017年度 公益社団法人 鹿児島青年会議所
事業計画書

議案名

2017年度 地域室 基本方針・事業計画(案)の件

会議名

第3回 正副室長予定者会議

種 別

12月5日 審議

委員会名

地域室
世界に誇れる地域特性活用委員会
地域創造委員会

窓口副理事長名

木下 省一朗

確認日

:2016年11月30日

担当室長名

東鶴 真児

確認日

:2016年11月30日

委員長名

有村 雅憲

確認日

:2016年11月30日

 

副委員長名

鹿島 大輔

確認日

:2016年11月30日

作成日

 

●公益社団法人認定法に関わる事業の分類

(指定なし)

1.事業名

2.事業実施に至った背景

3.事業目的(対外)

4.事業目的(対内)

5.事業概要

6.実施日時

7.実施場所・会場

8.予算総額

9.参加員数計画ならびに参加推進方法

10.外部協力者・団体

11.実施組織

12.実施までのスケジュール

13.前年度よりの引継事項

14.本年の工夫と期待される効果

15.事業に対する調査分析・ビジョン(将来像)

16.メンバーへの依頼事項

17.協議・審議のポイント

18.正副会議での意見及び対応

【2017年度 第2回理事予定者会議】

【地域室方針】

・1段落1行目から4行目、急に飛躍しすぎてるから、間に何かを入れてください。
・1段落目4行目、「可能だと考えます」は、個人の考えなので必要ない。根拠があれば可能ですと断言してもよい。
→指摘を踏まえ全体的に精査し修正いたしました。

・人口減少の件をもう少し踏み込むのと、課題を解決するために、何をしないといけないのか。今の鹿児島が置かれている状況がどうなのかも調べてみてください。
→データをもとに調査をしました。

・2段落目6行目、「鹿児島青年会議所も新たな視点で」ではなくて、経済人の集まる団体だからこそ。JCだからこそ見出せる着眼点、みたいな表現がいいのでは。
→素晴らしい表現ですので、採用させていただきました。

・3段落目1行から2行目、文章がおかしいので接続詞を使ってつながりを持たしてください。
→接続詞を使い、つながりをもたした文章に修正いたしました。

・一助・寄与 JCの運動は一助や寄与であってはいけません。提言だけでなく、実践実装していく団体になっていこうとしているので、提言だけではだめです。
一助・寄与の言葉を削除しました。

・新しい知識の開発となる一助はおかしいので修正を。
→新たな可能性に変更し文章を精査いたしました。

 

 

【世界に誇れる地域特性活用委員会】

 

・この地域特性の事業計画に 鹿児島という単語が15か所くらいでてきます。もう少し整理して書いてほしい。もう少しかかないといけないことがあると思いますので、整理してみてください。
→鹿児島という単語を出来る限り削除し、背景をはじめ、室方針との整合がとれた内容へ修正しました。

 ・地域特性というものに対しての定義づけが定まってないのではと思います。地域特性をもう一度根本的なところから、見つめなおせばもっとよくなると思います。
→鹿児島の持つ地域特性をもう一度考え直し、地域特性は「自然・文化・人財・産業などの豊富な資源」という内容へ修正いたしました。

  ・2段落目 6行目 最後の方の、政策の立案をしていきます。立案してどうするのかまで考えてほしい。
→立案という表現ではなく、その先の活動も見据え、構築という表現に修正しました。

 ・2段落下から4行目 これまでの大会運営の検証を行い、地域が主体となって開催される大会へと引き継げるよう大会実行委員と共に新しいビジョンを描く機会を設けます。委員長と実行委員だけで新しいビジョンが描けるのかな?ここはよく歴代の委員長と話して鹿児島JCはどんな立ち位置でいるのかをもっとヒアリングしてほしい。
→さらに歴代委員長にヒアリングを実施し、鹿児島JCとしての立ち位置でできることを模索します。

 ・2段落目の地域特性を地域の人々へ広く伝播しと、ありますが、どのような方法ですか?そういうのを含めて「魅力ある地域特性を世界中の~に」の部分がおかしいので再考をお願いします。→地域の素晴らしさを直に体験できる機会を提供することを通して、地域特性を広く伝播しますという表現へ修正しました。

 ・2段落目最後、経済が循環する仕組み作りまでできますか?仕組みまで書いているとあまりにもスケールが大きすぎる。書き方を考えてほしい。
→再考し、継続的な交流人口の増加につながる仕組みづくりへと修正しました。

 

 

【地域創造委員会】

・2段落目下から2行目、「~機能します。」は、~するからどうなると言う言い方にしてください。
「~機能しています。」の間違いでしたので修正いたしました。

・理事長所信をよく読み、背景を全体的に精査してください。

・1段落目 背景の部分で立案すると書いてるので修正してください。
→修正いたしました。

・リーダー開発~とか 説明はいらないので、これを使ってどうするのかと書いてください。
→地域企業が参画することで、地域経済の発展にもつながるような表現に変更しました。


【2017年度 第2回正副室長予定者会議】

【室方針】

・2段落下から4行目、なにを広く伝播するのか?
→鹿児島の魅力を広く伝播してもらえるような表現に修正致しました。

 

・2段落1行目、確かな根拠をビックデータと書いてもいいんじゃないのか。
→ビックデータを活用しながら、有識者や成功事例なども参考にしていこうと考えてますので、「確かな根拠に基ずいて」の表現にしました。

 

・問題と課題の違いをもう一度考え直す。問題を解決するのではなく、課題を解決する。
→日本・地域の問題は、人口減少と捉え、それがもたらす地域課題の解決に向けて鹿児島JCとして運動していきたいと考えてます。

 

・人口減少の種類を。鹿児島はどの種類の人口減少か、自然現象か社会現象か。それを掘り下げてから

→鹿児島はここ数年、社会現象での人口流出は下げ止まりで、日本全体で自然現象での人口減少の問題があります。人口減少問題の地域課題としまして鹿児島JCが出来る事を考えるべきだと思います。

 

・2段落目3行目の運動展開まではいかないかも、きっかけづくりの活動のイメージがいいのでは。
→一助となれる機会ををつくりに修正致しました。

 

【地域特性活用】

・室方針が地域益なので、3段落目は地域益に沿うように踏み込んでください。
→室方針に沿って地域益を明確にしました。

 

・1段落目はもう一度精査、室方針との整合性をとってください。

→全体的に文章の精査をし作成しました。

 

・遠泳大会はあくまでも手法、遠泳大会をブランディングするのではなく、鹿児島をブランディングする事なので2段落目を精査してください。


→手法として横断遠泳大会を実施し、新たな試みで鹿児島の魅力を広く伝播してもらうため事業構築を目指します。

【地域創造】
・理事長所信に沿って書くように。担当副理事長・担当室長にヒアリングをして作成してください。

→最新の理事長所信に読み込み、担当副理事長・担当室長にヒアリングをして作成しました。

【第一回理事予定者会議】

【室方針】

・2段落目、調査分析は当然、削除

→調査分析は当然なことですが、新たな取り組み(手法)についての調査分析も含まれてますので、表現を修正し対応いたしました。

・2段落目、地域経済に寄与できる政策の文章は、非常に重いので、再考してください。

→調査分析をして鹿児島JC独自の政策を策定することにより、なにかしらの地域経済に貢献できると思っております。

・鹿児島県の総合戦略を調べたのであれば、1段落目は違った書き方になるはず、精査してください。

→地域室としましては、日本JCが2016年に策定した地域再興戦略をもとに、鹿児島青年会議所の事業を展開しようと考えています。鹿児島県の総合戦略に合った部分もありますが、鹿児島県の現状に沿った青年会議所ならではの政策を考えていますので、そのような背景になっています。

・有事災害の部分は端的、前の部分とつなげてください。

→文章を精査し修正いたしました。

 【地域特性】

・2段落目、横断遠泳に特化しすぎ、もっと広い目線で再考を

→幅広い地域特性を活用できるように文章を修正いたしました。

・2段落目、力強い産業とは?それは資源なのか?整理して精査を

→再考し内容を変更いたしました。

・一年というスケジュールを考えた、先を見た内容に

→年間のスケジュールをイメージして作成いたしました。

 

【地域創造】

・運営組織をつくるのか?再考

→いろいろな企業や団体などと相互協力をするという内容の文章に変更いたしました。

・2段落目、3行目から文章が長い、再考を。

→修正いたしました。

・負の問題の文、削除

→修正いたしました。

・職務分掌を事業計画に盛り込む、地域政策のことしかない。

→ほかの職務を盛り込み修正いたしました。

・2段落、2行目、整理するべき、あまりに広くとらえすぎてもまとまらない

→修正いたしました。

 【第一回正副室長予定者会議】

  【室方針】

・人口減少と地域益をうまくつなげて
→人口減少を新たな価値の創造をするためのきっかけになり地域益につながると考えます。

・室方針から地域特性委員会は書けない。問題提起が入っていない
→地域特性委員会にもかかわる内容に修正いたしました。

・有事災害がおまけみたい。今年の経験を活かしてかく
→有事災害発生時は正副理事はじめ全メンバーで支援するべきであります。みんなが常に防災意識をもってもらえることで、迅速に協力できると考えますので、そのようにな表現に修正いたしました。

・二段落目は、導けます、とかではなく導くためにとかく。手法を書くところ
→導くための手法に表現方法を変更しました。

・各段落とのつながりがない。文面でよみとれない。読み取れるように。
→全体的に精査し修正いたしました。

【地域特性】

・横断遠泳に特化したような事業計画になっているので、広い目線で
→「錦江湾横断遠泳大会が開催されている磯浜地区」と書いてしまい誤解を招いてしまいました。わかりやすいように修正いたしました。

・地域特性の事業を横断遠泳を分けて書くように
→2つの事業とわかるように修正いたしました。

【地域創造】

・地域創造、起こり得るじゃなく起きていることとして記載してください。
→表現が間違っていました。削除いたしました。

・地域創造、むずかしい、迷いがでているので、具体的になるように再考してください。
→とても難しいので、もう一度考え直し修正いたしました。

・地域創造、地域政策を具体的に視野にいれた、踏み込んだ内容に
→具体的な内容に修正いたしました。

19.その他(添付資料等)

2017年度 地域室基本方針・事業計画(案)201612ry.pdf

20.当日回覧資料

21.添付資料

2017年度 地域室基本方針・事業計画(案)201612ry.docx

 

カテゴリ