2017年度 会員室 基本方針・事業計画(案)の件

2017年度 公益社団法人 鹿児島青年会議所
事業計画書

議案名 2017年度 会員室 基本方針・事業計画(案)の件
会議名 2017年度 第3回 正副室長予定者会議
種 別 12月 5日 審議
委員会名 会員室 LOM活性化委員会 会員研修委員会
窓口副理事長名 木下 慎吾 確認日: 2016年11月30日
担当室長名 鈴木 義文 確認日: 2016年11月30日
委員長名 川上 重明
松下 幸太郎
確認日: 2016年11月30日
副委員長名 作成日: 2016年11月30日

●公益社団法人認定法に関わる事業の分類

1.事業名

2.事業実施に至る背景

3.事業目的(対外)

4.事業目的(対内)

5.事業内容

6.実施日時

7.実施場所・会場

8.予算総額(詳細は別紙予算書)

9. 参加員数計画並びに参加推進方法

10.外部協力者・団体

11.実施組織

12.実施スケジュール

13.前年度よりの引継事項

14.本年の工夫と期待される効果(地球環境への配慮を含む)

15.事業に対する調査分析・ビジョン(将来像)

16.メンバーへの依頼事項

17.協議・審議のポイント

18.正副会議での意見及び対応

【2017年度 第2回理事予定者会議】

■室方針
・一段落目 文章が『引き出す。』とそこだけ調子が変わっているので調子の統一をしてください。
文章をすべて ですます調に修正いたしました。

・二段落目 二行目 強い組織にするために~とありますが、次の文章が唐突にみえるので、何か接続詞を追加してください。
『まず』という接続詞を追加いたしました。

■会員研修委員会
・背景部分に問いかけがありますが、あくまで背景と目的を客観的視点で記載してください。
問いかけを失くし、修正いたしました。

・二段落目 より時代に即した研修プログラムを、引き続き再構築してまいります。とありますが、具体的なイメージをもって作成をお願いします。
委員会内で事業計画書を再度見直し、委員会内ででた意見も反映いたしました。

■LOM活性化委員会

・二段落目が職務分掌の羅列に戻ってしまっているので修正してください。
全体的に見直し、修正を行いました。

【2017年度 第2回正副室長予定者会議】

■室方針

・一段落目 青年会議所が時代に即した活動を展開しているのはあたりまえなことなのでもっと内務系といわれる室であるからこそ、内部の問題点をみなおしてみてください。
なぜ会員室が必要なのかを考え、次年度理事長所信の言葉にもある通り、同じゴールに突き進む、強い組織となることをテーマに修正を行いました。

・活動・運動という表記を例年行ってきましたが、この表記では運動という定義が伝わりにくく感じますので修正をお願いします。
活動・運動という表記をやめ、広がりを見せるものをイメージし全体的に修正いたしました。

・三段落目に価値ある強い組織とありますが、前後をみても価値ある組織の定義がありません。
意識の統一されたより強い組織と修正いたしました。

・同じ文言が連続して出てきてくどい文章になってますので、整理してみてください。
整理を行い修正いたしました。

■会員研修委員会
・一段落目 『今こそ私たち青年会議所にはより時代に即した』とありますが、室方針同様当たり前のことなので、修正をお願いします。
今こそという表現から、過去は時代に即した活動をしていなかったのではないかという誤解を覚える表現と思いましたので、今こそを削除いたしました。ですが、課題に対し具体的な数字を出し、解決する仕組みをつくり、より時代に即した活動を求められている事は事実と考えるため、この記載は残しました。また、室方針同様現状のLOMの課題を考え反映いたしました。

・二段落目冒頭『研修事業を通じ』とありますが、これは仮会員研修の事ですか?
仮会員研修事業・正会員研修事業両方を考えています。また、我々は会員研修委員会であることから、あくまでも研修事業にこだわりをもち、活動を展開していくために、この記載は残しました。

・職務分掌をもう一度見直してみて事業計画に反映させてください。
職務分掌を確認し修正いたしました。

・文章校正が主観に思えます。客観的に書いてみてください。
現状を客観的に鑑みて書いてみました。

■LOM活性化委員会

・活動・運動という表記を例年行ってきましたが、この表記では運動という定義が伝わりにくく感じますので修正をお願いします。
活動・運動という表記をやめ、広がりを見せるものをイメージし全体的に修正いたしました。

・室方針同様LOM内部の課題を解決できるように、改めて理事長所信を読み直し、コミュニケーション活性化及び、メンバーのJC活動にたいしての意識向上を考え、全体的に修正を行いました。

・2段落目2行目が会員拡大に特化した書き方に見えますので精査してください。
上記のとおりコミュニケーションの活性化及びメンバーのJC活動に対しての意識向上を考え、全体的に修正を行いました。

【2017年度 第1回理事予定者会議】

■室方針

・1段落目、2段落目の可能性の整合性が無いように感じます。
自身の可能性という事で統一してあります。

・1段落目 より力強く活動・運動できる価値のある組織のイメージがわかりにくく、1段落と2段落のつながりが薄く感じます。
全体的に再考し、修正いたしました。

・外部に出るので、無機質な文章に思えるので言葉のひとつひとつに意味を持たせてください。
無機質な文章ということで、言い回し等の問題かと思いますが、言葉ひとつひとつには想いをこめて書いております。

・仮会員には鹿児島JCだけでなく、JCIとして、日本JCとしての理念も伝えるべきではありませんか。
まずは鹿児島JCの仮会員ですので、我々の理念、そして理事長所信の想いを伝えるべきと考えます。またJCI・日本JCの理念に関しては、同じものを理想とし、活動しているJAYCEEですので、その中で十分に伝わると考えます。

■会員研修委員会

・「鹿島立ち」という言葉は難しすぎるので再考をお願いします。
前後の分も含め訂正いたしました。

・全体的に文章が難しいので再考をお願いします。
総体的に訂正いたしました。

・インパクトのあるフレーズは大事ですが、そこだけに注目させてしまうと内容が分からなくなるので、まず理事長所信をかみ砕き、そのあと市民が分かるインパクトのある言葉をお願いします。
理事長所信を徹底的に読み込み、本質の部分を見つめ直し再考いたしました。

・1段落で言いたいことを整理し、かく順番等を精査してください。
再考したうえで、おかしいところがあるとは思えませんでした。

・2段落で、なんの歴史・理念なのか分からない所があるので再考をお願いします。
分りやすいように訂正いたしました。

・書いた人だけが分かる文章にしないでください。
修正し、読み手に伝わる文章にいたしました。

・シンプルに書けば伝わりやすくなると思います。
シンプルに私の思いを書いてみました。

・新たな価値は自分たちでつくるものではなく、運動のあとに自然に生まれてくるものです。
確かに、それなりの運動をすれば自然に生まれてくるとは思いますが、新たな価値を自然に生み出すほどの活動・運動をメンバー全員ができていなのが現状で、だからこそあえて、自ら新たな価値をつくり出すことを意識して活動をする必要があるのではないでしょうか。

■LOM活性化委員会

・2段落、5行目、広報の意味合いが強いので、拡大に重きをおいて書いてみてください。
発信の文言を削除し、当委員会が会員拡大活動を盛り上げていくいくために実施する内容に重点を置いて、2段落目全段の文章を再構築いたしました。

・1段落、4行目、熱い想いを再考してください。
現状の課題把握という意味において熱い想いの表現は背景には不適当であるため、削除いたしました。

・2段落、会員拡大は遂行することではなく、とりくむことだと思いますので、規約を今一度見直して考えてみてください。
当委員会としての会員拡大推進会議への取り組みについて表現するのに不適当と判断し、文章を再考いたしました。

・フィードバック配信は通信、ただ発信するだけのようにとらわれるので再考してください。
出向者の活躍を対内的に伝え今後の出向意欲を促進していくために、配信の表現では、手段が限定され、特定の通信手段を想起させてしまうため、配信の文言を削除いたしました。

・アスパックは目的ではなく、あくまでも手法なので、削除してください。
ASPACという手段を通じ、さらに将来の鹿児島青年会議所の在り方を考えることが重要と理解し、2段落目末部の文章を再考いたしました。

・ネットワーク強化でどうなっていくのかを具体的に書いてみてください。
具体的には、また個人的には行政やその他団体との関係強化により新しい事業が生まれることを希望しておりますが、そういったニュアンスを含む形で表現を再考いたしました。

・本年度の拡大で、さまざまな意見がでているので、ぜひ次年度の拡大に役立ててください。
私自身も本年度の会員拡大推進会議に参加してきた中で、大変有益なアイディアを耳にしております。根本的な部分では、いかに拡大に対する熱をメンバー一人ひとりに伝えていくか、拡大活動にあたる会員自身がいかに社会人として基本的なことをちゃんとやるか、また社会人として魅力的であるかなどです。手段としては、JC案内の刷新、動画作成など様々な意見を把握しております。これらのアイディアについて今後一つひとつ精査し、2017年度の会員拡大活動に活かしていくために、事業計画書としては適当な表現について検討し、再考いたしました。

・担いが多いようにみえるが、コミュニケーションをとることで全てがつながる。担いを羅列しないようにしてください。
当委員会の担いを本質的かつ効果的に実行していくにあたって、メンバー同士でこれらの担いについて話し合い熟議を重ねていく中で、しっかりと現状、課題、意義などを認識することがまず重要でありそこから自然と課題解決の方向に進み始めるものと考えます。この手法について実験検証し、またそのような場を持つ手法についても今後検討していきたいと考えます。

【2017年度 第1回正副室長予定者会議】

■室方針

・『次に』『また』という接続詞に違和感を感じます。精査してください。
時系列に沿って整理し、接続詞を見直しました。

・1段落目に『~していかなければなりません。』『必要です』が多発し、背景がぼやけてるように感じます。
全体的に読み直し、精査いたしました。

・新たな価値に対するニュアンスが理事長所信と違っています。
理事長所信を改めて読み直し、会員室としての職務としては、組織の価値をより高めることと考え、全体的に修正を行いました。

・最終段落『生み出していくことと信じます』は他の表現があると思います。
生み出す事と信じますという表現も検討いたしましたが、2017年度、私たち会員室がより強い、価値ある組織を目指し活動し、その上で生み出されるものと考えました。よって、次年度生み出すというより、次年度も含め、これから生み出していくものと考えるため、この表現を使用いたしました。

■会員研修委員会

・投げかける文章は、投げかける対象があって初めて成立します。この文章はホームページにも掲載され、一般市民の方々にも閲覧されるものです。

会員研修委員会委員長として、全メンバーに対して投げかけるものであります。会員室の思いがメンバーに向いていなければ会員室の存在意義そのものが破綻するものと考えます。また、一般の方々が閲覧されるのであれば尚更、各室、各委員会の方向性をはっきりと示す必要があると考えます。私の立場で「一般市民の方々の閲覧」を意識してしまうと、私の次年度一年間が根底から崩壊してしまいます。

・1段落目、今までの運動が時代に即していなかったように感じます。修正してください。
正直、時代に即していない活動・運動もあったと感じております。具体的な事業名は聞かれたらお答えいたします。ですが、それだけではないと考え、一部修正いたしました。

・2段落目 『引き続き再構築』とありますが、引き続き改めて構築するという意味であれば矛盾を感じます。
今年以前もずっと続いてきた再構築であり、その年その年で最適な手法を再構築してきた背景があります。「引き続き」という文言を重要視することで研修の歴史と年々洗練されていく様を表しております。

・2段落目 JAYCEEとしての志は伝え共有するものであり、発見するものではないと思います。
修正いたしました。

・2段落目 青年会議所は前提として、運動を展開していく団体です。すでに運動を行っているのに、第一歩を踏み出すのはおかしいです。
団体としては運動を行っているのは理解しておりますが、メンバー個々がどれ程の意識をもって運動しているでしょう。研修委員長の立場から、メンバーに対し今一度意識を変えて第一歩を踏み出しましょうという思いです。

・3段落目 個々の能力から組織への展開への記載があったほうがいいと思います。
修正いたしました。

■LOM活性化委員会

・2段落目 現状事業計画を列記してるように感じます。理事長初心・室方針を読み直し、時系列にそって整理してください。
理事長所信・室方針、また1段落目背景からの文脈について再考した上で、内容を再構築いたしました。また出向及びネットワーク構築についても「LOMの活性化」という観点から位置付けを再考しました。出向することによるメンバーそれぞれの成長と、そのメンバーの成長がLOM内にさらなる活性化をもたらす、という観点です。ネットワーク構築についてですが、これは非常に重要だと思っています。他団体・・・特に行政とのタイアップによる、より大きな活動に取り組める組織になることができれば、JCの存在感をより一層高められるのではないでしょうか。10年スパンなど長い期間をかけての関係構築が必要なことだと思います。そのあたりのニュアンスを含め、ASPACも「より大きな活動」のひとつとしてとらえ直し、文章を修正いたしました。

■全体的に

ルールに則り、全体的に修正を行いました。

19.その他(添付予定資料等)
2017年度 会員室 基本方針・事業計画(案)

20.当日回覧資料

21.添付資料
2017年度 会員室 基本方針・事業計画(案)

カテゴリ