入会希望者面接事業計画(案)の件

2016年度 公益社団法人 鹿児島青年会議所

事業計画書

 

議案名   入会希望者面接事業計画(案)の件              

会議名    3月 正副会議

種 別   3 月 4 日 協議 

委員会名   LOM活性化委員会

窓口副理事長名 白男川 賢治         確認日  : 2016年2月28日

担当室長名    日高 大介           確認日  : 2016年2月28日

委員長名      安陪 信             確認日  : 2016年2月28日

副委員長名    大西 祐輔     副委員長作成日  : 2016年2月28日

                         松下 幸太郎

                         竹下 篤憲

公益社団法人認定法に関わる事業の分類

 他1 指導力開発事業

1.事業名

入会希望者面接

2.事業実施に至る背景

入会希望者に対して、鹿児島青年会議所の目的に賛同して頂き、事業参加並びに会費納入義務等の意思を確認した上で、会員の質を担保するために審査基準と照らし合わせ公正に入会の適否を判断する必要があります。

3.事業目的(対外)

面接による入会意思の確認と入会の適否の判断を行うことを目的とします。

4.事業目的(対内)

「会員になろうとする者の審査等に関する規程」に照らし、入会希望者と推薦者に対して公正に適否を判断することを目的とします。

5.事業内容

【入会希望者面接】

LOM活性化メンバー・拡大推進担当グループが面接官となり、入会希望者と推薦者(2名)に対し面接を行います。

入会希望者面接要項に基づき、入会申込書・推薦趣意書との照合確認を行い、規程に基づいて質問するとともに、審査基準に照らして厳正なる判断を行います。

6.実施日時

平成28年5月21日 土曜日

【オリエンテーション】

時間:9時00分~10時30分

【入会希望者面接】

時間:10時30分~11時50分

※この後全員で昼食をとり、午後13時より仮会員研修開始予定

02-2.タイムスケジュール「入会希望者面接」201603s.pdf

 

7.実施場所・会場

【入会希望者面接】

 場所:城山観光ホテル                                        

住所:〒890-8586 鹿児島県鹿児島市新照院町41

電話:099-224-2211

02-3.会場レイアウト(受付~面接~オリエン)①201603s.pdf

8.予算総額(詳細は別紙予算書

¥2,500-

01-1.事業収支予算書「入会希望者面接」201603s.xls

9.参加員数計画並びに参加推進方法

【参加員数計画】

入会希望者                   30名

正副・理事役員                    26名(監事含む)

会員拡大推進担当グループ         16名

LOM活性化委員会               17名

推薦者                       60名

 

計                         149名

 

【参加推進方法】

・拡大推進会議において、入会希望者は面接と研修を受けることが入会条件である事を会員拡大推進担当者へ周知し、各委員会において拡大活動の際にその旨を盛り込んでもらうように全メンバーへ伝えます。

・拡大推進会議において、参加対象者を会員拡大推進担当者へ周知し、各委員会においてその旨を伝えて貰い参加推進を行います。

・推薦者には必ず出席して頂くように、個別にLOM活性化委員会メンバーから連絡します。

・100%出席をしていただくためにも、拡大の達成目標人数が早い段階でのクリアが必須だと考え、拡大会議でも趣旨をご理解いただく時間をいただきたいと考えます。

・面接会場を事前に入会希望者及び推薦者に資料・電話等での周知をいたします。
・エントリーボードの立ち上げ、推薦者への案内と出欠の確認行います。

10.外部協力者・団体

無し

11.実施組織

LOM活性化委員会

12.実施スケジュール

2016年 2月 1日  2月正副室長会議   

2016年 2月 9日  2月理事会     【協議】

2016年 3月 7日  3月正副室長会議   

2016年 3月15日  3月理事会     【協議】

2016年 4月 4日  4月正副室長会議  

2016年 4月12日  4月理事会     【審議】

2016年 5月21日  入会希望者面接

2016年 8月 1日  8月正副室長会議 

2016年 8月 9日  8月理事会     【報告議案上程】

 

13.前年度よりの引継事項

(2015年度10月入会希望者面接報告議案より引用)

・拡大会議時に、入会希望者面接、仮会員オリエンテーション、仮会員研修は、参加義務が発生することを確実に周知させるために、スケジュールを記載した書面を配布し、伝えましたが、数名別日対応となってしまいました。

推薦者からも入会希望者へスケジュールの確認をお願いしてもらいます。

・推薦者へのヒヤリングを面接時までに完了出来ず、面接当日に行わざるを得なくなってしまいました。

入会申込書の受け取り時にヒヤリングを必ず行い、入会申込書とヒヤリングシートをセットにして頂く様、事前に周知徹底します。

・面接時間のばらつきが出てしまい、推薦者や入会希望者を待たしてしまいました。又、入会希望者が集合時間より早く来て下さり、面接のスタートを早めてしまいました。

今回は仮会員研修と同日の開催としているため集合時間を一律にさせていただき、正会員・仮会員同士で待合にて、少しでも懇親を深めていただく場を設けます。

・事前に連絡をしてあるにもかかわらず、推薦者の集合時間が遅い為、入会希望者を待たしてしまいました。

青年経済人としてのマナーとして正会員も襟を正す場として、拡大会議並びに各委員会において、推薦者は必ず時間厳守の周知徹底を行います。時間厳守がやむを得ない場合は必ず事前に代理人を立てるようお願いして参ります。

・事前に連絡を行いましたが、入会希望者、正会員共に忘れ物(名刺・印鑑など)をされている方が多くいらしゃいました。

今回は、研修と同日開催の為、忘れ物の場合はその場で取に帰っていただきます。

・入会希望者面接時に正会員の私語が響き、面接に集中出来なかった場面が見受けられました。

正会員としての自覚をもってもらい、正会員へ静粛にするようアナウンスを行います。

・青年会議所の説明を明確に行われておらず、入会希望者面接にて説明を聞いて、入会希望者面接時に入会辞退された方がいらっしゃいました。

事前に青年会議所入会への理解を得た上で、入会希望者面接を受けて頂く様に説明を行います。

・事前に、面接官を拡大推進担当副委員長、拡大推進担当委員に面接ブース担当者として依頼したことで、面接官に欠員が出ませんでした。

今年度も当日の急な欠席や遅刻を防ぐためにも、事前の出欠確認や役割分担をいたします。

・当日、推薦者の欠席があり代理での出席者が数名いらっしゃいました。

面接日程が決まった時点で推薦者になられる正会員は、推薦者としての自覚を持って、日程調整をしてもらうように働きかけます。

14.本年の工夫と期待される効果(地球環境への配慮を含む)

 【本年度の工夫】

本会入会に至るために、従来は入会希望者面接、仮会員研修という流れで、隔週で行ってきましたが、本年度は同日に行います。

【期待させる効果】

・入会希望者とJCメンバーともに負担の軽減につながり、参加率の向上が見込め、その他事業との兼ね合いを含めメリハリの効いた活動につながると考えます。

・活発なメンバーの姿を見せることにより、青年会議所としての魅力を感じてもらい、積極的に活動する正会員への成長へと繋がります。

15.事業に対する調査分析・ビジョン(将来像)

【面接】

面接とは、お互いに質疑応答を行うことによって、お互いの意思を確認するとともに、意欲・職務に対する資質と適合性を判定するために行われます。又、入会希望者にとって自分自身について少しでも知ってもらい、鹿児島青年会議所への入会に対する意欲をアピールできる場でもあります。面接を適正に実施し公正な審査が行われることで、公益社団法人鹿児島青年会議所定款の第8条3項により、別に定める「会員になろうとする者の審査等に関する規程」に基づき「正常な事業に従事する者であること」「健全な社会人として常識と教養を有すること」「本会議所の目的に賛同し、率先参加する意思と能力を有すること」「会費その他の負担金を納入する意思と能力を有すること」などの確認のため、入会審査を受けて頂く必要があります。

【ビジョン】

入会希望者の入会において公正な審査を行うことで、会と会員との目的の不適合を防ぎ、審査基準に適合された会員が入会することで、同じ志を持って活動・運動を行う事ができ組織の強化・活性化に繋がると考えます。同じ理念のもとに組織された品格ある青年の力により起こす行動が地域活性の原動力になることで、世界に誇れる鹿児島を描くことにつながります。

16.メンバーへの依頼事項

・面接マニュアルの徹底をお願い致します。

・面接会場は城山観光ホテルです。会場の周知をお願い致します。

・時間厳守での集合をお願い致します。

・入会申込書の提出日は、厳守して下さい。

・推薦者は、印鑑を忘れずに持参して下さい。

・推薦人の署名・捺印が無ければ候補者は入会できないので署名・捺印の徹底お願いいたします。

・服装は、スーツ、ネクタイ、バッジ、ネームプレート着用にてお願いいたします。

17.協議・審議のポイント

背景・目的

18.正副会議での意見及び対応

【2月正副室長会議】

 

・面接、オリエン、研修を同日開催となっているが、目的にある面接において入会の適宜で不可の場合はどうするのですか?面接だけは別日開催が良いのでは?

今年は拡大目標30名と間口を狭めているので、拡大活動の中でしっかりと意義を伝えるように促したい。別日開催は検討しましたが、同日開催がベターだと考えました。

・面接において辞退者等が出た場合にはどう対応するのですか?別日開催を考慮してはどうですか?仮会員(入会予定者)の負担を軽減したい面接に関する相手に対する負担は考慮する必要は無いのでは?時間的制約等の負担も出てくるので、同日開催にしました。同日開催にした場合に、辞退者、不適合者がでた場合の対応もしっかり議論して下さい。正会員の承認の最終決定は8月の総会で行う為、そこで判断すれば良いと考えます。

・入会面接においては、その後に続く研修に対する厳しい姿勢を示す内容も議論して欲しい。

何を持って厳しいのか?再度検討いたします。

・予備日の設定をしていませんが?

入会面接に出席できない人は入会できないという厳しい姿勢を示したい意味もあるので設定していない。

・例年通りの内容を記載しているだけで、入会面接に対する調査分析が全くなされていない。なぜ同日開催をするのか?ただ、負担を減らすためだけの理由ならば、調査分析を全く行えていないことになる。検討いたします。

・委員会において、入会面接を行うことを議論して下さい。

しっかり議論します。

 

 

19.当日回覧資料

なし

20.添付ファイル

01-1.事業収支予算書「入会希望者面接」201603s.xls

02.案内文、会場等

02-1.入会希望者案内文「入会希望者面接並びに研修」201603s.pdf

02-2.タイムスケジュール「入会希望者面接」201603s.pdf

02-3.会場レイアウト(受付~面接~オリエン)①201603s.pdf

03.面接時使用分

03-1.マニュアル「入会希望者面接」201603s.pdf03-1.マニュアル「入会希望者面接」201603s.pdf

03-2.会場マナーについて「入会希望者面接」201603s.pdf

03-3.入会希望者要項「入会希望者面接」201603s.pdf

03-4.入会希望者チェックリスト「入会希望者面接」201603s.pdf

03-5.会費入会金等説明書「入会希望者面接」201603s.pdf

03-6.誓約書 (入会希望者用)「入会希望者面接」201603s.pdf

04.推薦者関係

04-1.推薦者基準ついて「入会希望者面接」201603s.pdf

04-2.ヒアリングシート「入会希望者面接」201603s.pdf

05.入会金免除申請書

05-1.免除申請書(1号)「入会希望者面接」201603s.pdf

05-2.免除申請書(2号)「入会希望者面接」201603s.pdf

05-3.免除申請書(3号)「入会希望者面接」201603s.pdf

入会希望者面接201603s.zip

 

カテゴリ