仮会員オリエンテーション計画(案)

事業計画書 / 4月理事会

会議名     4月理事会  

種 別:     4月14日 審議   

委員会名:   会員拡大委員会

担当室長名:  木下 慎吾               担当室長確認日: 2015年 4月10日

委員長名:   迫 裕一郎              担当委員長確認日: 2015年 4月10日

担当副委員長名:小園洋平・杉原一喜  担当副委員長作成日: 2015年 4月10日

●公益社団法人認定法に関わる事業の分類

他1 指導力開発事業

1.事業名

仮会員オリエンテーション計画(案)

2.事業実施に至る背景

鹿児島青年会議所に入会される仮会員は、期待と不安で入会されます。少しでも早く期待を大きく膨らまし、不安を解消出来るよう、鹿児島青年会議所の理念や方向性を知ることで、これからの活動・運動に参加する契機となります。また、新入会員面接から仮会員オリエンテーションを通して、新たな気持ちで仮会員研修に臨んでいただくことが必要と考え、仮会員オリエンテーションを計画いたします。

3.事業目的(対外)

なし

4.事業目的(対内)

仮会員が円滑に活動・運動へ参画できるように、青年会議所の理念や方向性を共有することを目的といたします。

5.事業内容

【オリエンテーション】

① 鹿児島青年会議所の歩み

鹿児島青年会議所の歩みを知ってもらうために、3月例会で使用した映像を見ていただき、鹿児島青年会議所の素晴らしさを感じて頂きます。

② JCの基本について

BIBLE OF JAYCEEを基本にして、JC運動の理念、用語の説明を行い、理解して頂いた上で青年会議所の方向性を確認して頂きます。(説明概要:JC運動の理念、JCの組織、JC用語、定款、鹿児島JCについて)

③ 室・委員会の活動内容と事業紹介

2015年度鹿児島青年会議所の室・委員会・グループ・会議の活動内容と各委員会が行う職務分掌を、室長をはじめ委員長からプレゼンテーションを行って頂きます。

④ 仮会員プレゼンテーション

推薦者2名(最低1名)は、1分間で仮会員のプロフィール紹介と、プレゼンをしていただきます。仮会員は、2分間でスピーチを行い、与えられた時間で自分の意見をまとめ、緊張感の中、メンバーへ発表する機会を提供します。

6.実施日時

【オリエンテーション】

平成27年5月16日(土曜日)

オリエンテーション 時間:13時30分~19時00分(受付:13時~)

懇親会        時間:19時30分~21時30分

懇親会費       4,000円

7.実施場所・会場

【オリエンテーション】

鹿児島相互信用金庫 本店 6階  会議室(会場地図)

〒892-0822 鹿児島市泉町2-3

TEL 099-223-5111

【懇親会】

PARTY HALL HINATA

〒892-0842 鹿児島市東千石町3-41(キャパルボ3階)

TEL 099-222-6660

8.予算総額(詳細は別紙予算書

¥25,400-

9.参加員数計画並びに参加推進方法

【参加員数計画】

仮会員               61名

正副理事役員          31名

会員拡大担当副委員長    12名

会員拡大推進担当者      12名

会員拡大委員会         13名

推薦者              122名

計                 251名

【参加推進方法】

・拡大推進会議において、仮会員はオリエンテーション当日に出席することが入会条件である旨を会員拡大担当者へ周知し、各委員会及びチームにおける拡大活動の際にその旨を伝えていただけるように、徹底いたします。

・入会希望者面接時にオリエンテーションの案内状を配布し、面接官より出席義務の説明を行います。

・拡大推進会議において参加対象者を会員拡大担当者へ周知し、各委員会においてその旨を伝えていただきます。

・拡大推進メーリング・チームメーリングも活用し、周知いたします。

・推薦者・仮会員に、会員拡大委員会から、電話連絡を行い、出席の確認を行います。

10.外部協力者・団体

鹿児島相互信用金庫

11.施組織

会員拡大委員会

12.実施スケジュール

2015年 2月 3日  2月常任理事会   

2015年 2月10日  2月理事会     【協議】

2015年 3月 3日  3月常任理事会   

2015年 3月10日  3月理事会     【協議】

2015年 4月 7日  4月常任理事会   

2015年 4月14日  4月理事会     【審議】

2015年 5月16日  オリエンテーション実施

2015年 7月 7日  7月常任理事会

2015年 7月14日  7月理事会     【報告議案上程】

13.前年度よりの引継事項

(2014年度6月新入会員オリエンテーション報告議案より引用)

【良かった点】

・3分間スピーチにおいて、新入会員をランダムに3等分し、3つのランダムなテーマを設定してスピーチをしたことで、慣れない雰囲気の中、緊張感を持って初めての修練の場を与えることができた。

→今年度は、新入会員には、自己紹介。推薦者には、入会候補者のプレゼンという違った形での修練の場を設ける計画を立てます。

・動画上映に際して、打合わせの段階から映像担当者をたて一連の流れで設えることができた。

→今年度も、打合わせの段階から映像担当者を設けさせていただきます。

【悪かった点】

・入会希望者及び正会員の受付がスムーズに出来なかった。受付人数を増やし懇親会の支払いの際のおつりを準備すべきでした。

→受付の人数を増やし、懇親会のおつりの準備をいたします。

・正会員59名の出席があったが、中座、遅刻、早退が多く見受けられた。また、拡大担当副委員長・拡大担当の欠席もあり、空席が目立った。拡大推進会議等で出席する意義を説明し理解する必要があります。

→拡大推進会議等で中座、遅刻、早退をしないように徹底する様に呼びかけを行います。

・会場選定が遅れ、使用できる会場が限られてしまいました。予定者段階で会場候補地を調べ、12月までには選定する必要があります。

→なるべく早い段階での候補地を選択します。

14.本年の工夫と期待される効果(地球環境への配慮を含む)

【本年度の工夫】

オリエンテーションの補講は設けません。

【期待される効果】

推薦者が必ずオリエンテーションの参加が入会条件であることを促すことが出来ます。

欠席者が出た場合、仮会員オリエンテーションを撮影し、データにて拡大委員会から、欠席者に5月17日にはメール配信後、電話にて確認いたします。その映像を見て頂き、「鹿児島青年会議所の歩み・JCの基本・委員会の活動内容と事業紹介」のレポートを書いて頂き、5月19日の委員会前に必ず提出して頂きます。更に、欠席者と推薦者には、5月例会、もしくは6月例会の会務報告時にお時間を頂き、3分間の仮会員プレゼンとスピーチを実施させて頂く旨を推薦者から説明し、必ず仮会員オリエンテーションに出席できるように説明致します。

【本年度の工夫】

鹿児島青年会議所の歩みとして、3月例会で使用した映像を見ていただきます。

【期待させる効果】

これまでの鹿児島青年会議所の歴史と活動・運動を学ぶことができます。

【本年度の工夫】

2014年度の新入会員オリエンテーションでは、仮会員による3分間スピーチでしたが、2015年度は、仮会員プレゼンと仮会員スピーチを行う予定です。

【期待させる効果】

推薦者は、仮会員プレゼンを行う事で重要なキーマンになると考えます。仮会員に推薦者が寄り添う事でこれから活動・運動への参加の契機につながります。また、オリエンテーションの参加推進にもつながります。

【地球環境への配慮】

出席者に公共交通機関で来場いただく様、書面や面接時にて働きかけを行います。

15.事業に対する調査分析・ビジョン(将来像)

【調査分析】

オリエンテーションとは、新しい環境などに順応させるための説明会・教育、また、これから一緒に活動・運動をする同志に同じ考えや方向性を説明する機会である。(小学館提供 大辞泉より)

2014年度オリエンテーション出席者(新入会員)へのアンケート回収率71%の中で、「JC運動の理念や活動内容の理解が深まりましたか?」について、とても深まった48%・深まった40%・普通12%でした。「会員の義務と権利について」すごく理解できた41%・理解できた22%・普通37%でした。「JC活動への取り組める気持ちになりましたか?」ものすごく感じた56%・すごく感じた33%・普通11%でした。その中で一つだけマイナスイメージとしまして、「3分間スピーチとか言う、あの様な時間がなければ頑張れると思う」と言う意見もありました。これらを踏まえ、これから一緒に活動・運動をする同志に同じ考えや方向性を説明する上で仮会員にオリエンテーションは必要であると考えます。その中で3分間スピーチの意味について調べた結果。修練。仮会員の人物を見る。今後の委員会振り分けの資料などの意味合いがあります。仮会員がスムーズにメンバーに打ち解けていただくためにも、スピーチは有効な手法です。又、JC運動の理念や活動内容を充分理解していただき、入会時から円滑に積極的な活動ができるようにするために必要な知識や理論・技法等を身につけられるように、オリエンテーションやトレーニングのプログラムを準備することは極めて重要です。

懇親会(組織や集団に属する人どうし、また目的を同じくする人どうしが交流し、親睦を深めるための会)(小学館提供 大辞泉より)初めて会った同志が親睦を深め、同じ考えや方向に向かうためには懇親会を開催する事が重要と考えます。

【ビジョン】

鹿児島青年会議所の行ってきた活動・運動を知ってもらい、同じ考えや方向性を学ぶことで様々な活動に参加する意識を高めることが出来ます。また、新たなメンバーが参加することにより現役メンバーの活動意識の向上に繋がり事業に対しての思いや熱意を感じ、切磋琢磨することで組織の強化・活性化につながり、更には世界に誇れる鹿児島を描くことにもつながります。

16.メンバーへの依頼事項

・オリエンテーション会場は鹿児島相互信用金庫の会議室です。会場の周知をお願い致します。

・オリエンテーションから懇親会まで各メンバーの参加をお願い致します。

・事業紹介時のパワーポイントを各室長、委員長、グループ長、議長は準備して下さい。

・名刺を多めに持ってきて下さい。

・服装は、スーツ、ネクタイ、バッジ、ネームプレート着用にてお願い致します。

・遅刻のないようにお願い致します。

・補講はございません。必ずオリエンテーションの参加推進を促す様にお願いいたします。

・拡大推進担当副委員長・拡大推進担当委員には、オリエンテーション、懇親会まで拡大担当者として親睦を深めて頂く様にお願い致します。

・各委員長・グループ長・議長の方々には、委員会事業紹介にあたり、4月14日理事会承認後、4月24日までに委員会紹介パワーポイントの作成をお願いいたします。頂いたデータをまとめ次第、審査会議のチェック、理事役員の皆様にご確認していただきます。

・仮会員プレゼンには、必ず推薦者2人の内1人は、必ず出席してください。推薦者が出席できない場合は、手紙にて推薦者プレゼン資料を作成してください。拡大委員会の方で、事前に確認をし、代読させていただきます。

17.協議・審議のポイント

背景・目的・調査・ビジョン ・事業全般

18.正副会議での意見及び対応

【4月常任理事会】

・会員の権利の話をされるのであれば、タイムスケジュールに追記をお願いいたします。

 →定款の説明を行い、その中で会員の権利にも触れます。タイムスケジュールへ反映いたしました。

・仮会員プレゼンテーションにてスピーチテーマを決めておいた方がいいのでは。

 →プレゼンマニュアルにスピーチテーマを追記いたしました。

【3月理事会】

・見積の有効期限の記載間違いがあるので、修正をお願いいたします。

 →修正し、差し替えました。

・事業内容のところや参加推進のところでスペースが空いています。再度精査をお願いいたします。

 →精査し、修正いたしました。

・対内目的ですが、手法が入っています。修正をお願いいたします。

 →精査し、表現を修正させていただきました。

・欠席者のレポートの内容を具体的なイメージがあるのであれば、議案もしくは、添付資料を作った方がいいのでは。

 →議案に掲載させていただきました。

・パワーポイントについて審議可決後のお願いになると思います。内容についても議案上で共有できるように、作成スケジュールを議案に反映できるようにお願いいたします。

 →メンバーへの依頼事項の方に具体的な期限などスケジュールを記載いたしました。

【3月常任理事会】

・背景、目的をもっと整理してください。

 →再考し修正致しました。

・オリエン欠席者への対応をもっと具体的に書いてください。

 →具体的な内容を記入させて頂きました。

 【2月理事会】

・仮会員オリエンテーションの補講について再度検討してください。

 →検討し、削除致しました。推薦者が必ずオリエンテーションの参加が入会条件であることを促すことで仮会員オリエンテーションの参加を促します。

・背景下から3行目そのきっかけ~からが分かりづらい再考をしてください。

 →再考し修正致しました。

・ビジョンですが、世界に誇れる鹿児島につなげてください。

 →再考し修正致しました。

・研修委員会資料のBIBLE OF JAYCEEのオリエンテーションの意義をしっかりと確認をしてください。

 →BIBLEOFJAYCEEのオリエンテーションの意義を確認し、調査に掲載いたしました。

・日程は再考をしてください。日程調整は、縦ライン・運営方で早急に調整をしてください。

 →5月16日(土)に変更致しました。

・修練をもっと前向きに検討してください。

 →検討した結果、1分間で推薦者が仮会員のプレゼンテーション。2分間で仮会員のスピーチを行います。推薦者が、プレゼンテーションを行い近くにいる事で、仮会員の不安を解消すると考えます。

【2月常任理事会】

・背景目的がかたいので、もっと柔らかく考えてみてください。うまく研修につなげるにはどうしたらいいか。

 →再考し修正致しました。

・工夫と効果にプレゼンに変更したことを記載してください。

 →記載させていただきました。

・3分間スピーチは行う意味がちゃんとあるので調べてください。

 →調査し記載させていただきました。

19.当日回覧資料

なし

20.添付ファイル

01.事業収支予算書

  01-1.事業収支予算書「オリエン」201504R.pdf

  01-2.印刷見積書「オリエン」201504R.pdf

  01-3.横断幕見積書「オリエン」201504R.pdf

  01-4.会場設営見積書「オリエン」201504R.pdf

02.事業内容

  02―1.オリエン式次第「オリエン」201504R.pdf

  02―2.タイムスケジュール「オリエン」201504R.pdf

  02―3.会場選定理由「オリエン」201504R.pdf

  02―4.会場調査資料「オリエン」201504R.pdf

  02―5.プレゼンマニュアル「オリエン」201504R.pdf

  02―6.事業紹介マニュアル「オリエン」201504R.pdf

  02―7.アンケート「オリエン」201504R.pdf

  02―8.会場レイアウト「オリエン」201504R.pdf

  02-9.横断幕「オリエン」201504R.pdf

03.事前配布資料

  03―1.オリエン案内文「オリエン」201504R.pdf

  03―2.PPT作成概要書「オリエン」201504R.pdf

04.調査資料

  04―1.アンケート結果2014「オリエン」201504R.pdf

  仮会員オリエンテーション201504R.zip

カテゴリ