各種大会ブース出展(JCI ASPAC)(案)の件

委員会名: JCI ASPAC誘致委員会
担当室長名: 緒垣 雄一
委員長名: 山ノ内 元治
担当副委員長名: 東鶴 真児、木村 和行
担当室長確認日: 2015年2月26日
委員長確認日: 2015年2月26日
担当副委員長作成日: 2015年2月26日

●公益社団法人認定法に関わる事業の分類
    ・他2 JCI・日本JC連携事業

1.事業名
各種大会ブース出展(JCI ASPAC)
2.事業実施に至る背景
鹿 児島青年会議所は、これまで国内の各種大会への参加やJCIが主催・運営する各種大会へ積極的に参画してきました。本年度も多くの参加者が集まる懇親会で ブースを出展し、LOMと鹿児島の積極的な情報発信及びPR活動を行い、JCI ASPAC誘致・開催という未知への挑戦に向けて、鹿児島青年会議所メン バーが一致団結する機会が必要であると考え、本事業を計画いたします。
3.事業目的(対外)
各種大会の参加者に鹿児島の魅力を分かって頂き、鹿児島のファンになって頂くことを目的とします。
4.事業目的(対内)
メンバー各自が鹿児島の魅力を再発見し、鹿児島のファンづくりのために積極的に鹿児島をPRすること、また各種大会への参加意識向上並びに各種出向に対する意識向上を目的とします。
5.事業内容
今回は、体感型ブースを出展いたします。
鹿児島のトレードマークである世界で有数の活火山『桜島』の背景をブース内に設置し、来訪者に写真を撮って頂きます。来訪者のカメラとLOMのカメラで撮 影を行い、facebook等のSNSで発信して頂き、鹿児島PRに繋げます。LOMのカメラで撮影した写真のうち、来訪者の承諾が得られた場合は、鹿児 島青年会議所のHP、facebookページに使用します。
写真撮影の際、海外のメンバーに分かりやすい日本らしさを演出するために、法被、扇子、そして遊び心のひとつとして、ちょんまげ等のカツラを用意し、来訪者に着用、写真撮影を楽しんで頂きます。
6.実施日時
平成27年6月13日(金)
18:00 ~ 21:00(現地時間)
7.実施場所・会場
Stera Harbour Resort Pacific Stera
内テニスコート

1Sutera Harbour Boulvard Sutera Harbour 8810 Sabah
8.予算総額(詳細は別紙予算書)
¥130,000
9.参加員数計画並びに参加推進方法
【参加動員計画】
日本JC出向者・各地会員会議所
メンバー並びにシニア              1,500名
海外JCメンバー並びにシニア         1,500名
                                        合計 3,000名
鹿児島JC
正会員  180名
仮会員   61名
合 計  241名

 ※過去実績
   2011年ジャパンナイトマニラ大会参加者    2,546名
   2012年ジャパンナイト香港大会参加者    3,200名
   2013年ジャパンナイト光州大会参加者    2,200名
   2014年ジャパンナイト山形大会参加者    6,918名

【参加推進方法】
 ・外部:実施会場での当日呼びかけ
 ・内部:委員会メンバーによる電話での参加依頼
     例会・委員会での参加依頼
10.外部協力者・団体
鹿児島観光コンベンション協会
鹿児島市観光交流部観光企画課
鹿児島県観光交流局国際交流課
公益社団法人日本青年会議所 国際グループ JCI関係委員会
11.実施組織
JCI ASPAC誘致委員会
12.実施までのスケジュール
3月 3日(火) 3月常任理事会
3月10日(火) 3月理事会  協議上程
4月 7日(火) 4月常任理事会
4月14日(火) 4月理事会  協議上程
5月 7日(木) 5月常任理事会
5月12日(火) 5月理事会  審議上程
6月13日(金) 第65回JCI ASPACコタキナバル大会ジャパンナイトブース出展実施
8月 4日(火) 8月常任理事会 報告審議上程
8月11日(火) 8月理事会   報告審議上程
13.前年度よりの引継事項
【第64回JCI ASPAC山形大会ジャパンナイトブース出展より】
・配布可能時間の確認が出来ていなかったため、結果として時間が足りませんでした。事前に配布開始時間から配布終了時間をしっかりと確認してください。
→日本JCのJCI関係委員会と連携をとり、最終的なスケジュール確認を行います。
・準備した出品数が、決められた配布時間内で配りきることができませんでした。時間配分を踏まえたうえで配布数を決めてください。
→日本JCのJCI関係委員会と連携をとり、最終的なスケジュール確認を行い、それに基づいたシミュレーションを委員会内で検討します。
・ジャパンナイト当日は、海外からの参加の方々も多いため、鹿児島のPRがわかりやすく出来るよう、多国に対してわかりやすいPR文書なども準備した方が良い。
→英語、韓国語、中国語のパンフレット等を揃えて配布したいと考えます。
・出品物だけではなく、パンフレットなどの配布についても十分意識して積極的に配布を行ってください。
→写真撮影のみで終わらないよう、パンフレット配布についても担当者を決め、積極的な配布並びに来訪者とのコミュニケーションをとって頂くようメンバーに依頼します。
・アイス等(冷凍もの)を出品として扱う場合は、冷凍ストッカ等にに入れて保管したうえで取り扱うなどの準備をしてください。
→今回、冷凍品の配布はありません。
・会場の通路は人が多く、ブース内の出品物やパンフレットを配布するのに苦労するのでブース内を整理するようにしてください。
→ブース内で写真撮影を行うため、ブース内を整理して多くの来訪者に来て頂けるようにします。
・今回、鹿児島のPRにぐりぶーの着ぐるみを使用しましたが、ブース前ではPRすることができずにブースの横でPRをすることになりましたので、着ぐるみ使用の際は、配置などに注意してください。
→今回、着ぐるみ使用の予定はありません。
・鹿児島JCオリジナルバックを作り、パンフレットを入れて渡すと相手が受け取りやすくなりますので工夫してください。
→予算が限られているため、今回は見送りたいと考えます。
14.本年の工夫と期待される効果(地球環境への配慮を含む)
【工夫(1)】
メンバー向けアンケートはweb上(Googleフォーム)で行います。
【期待される効果(1)】
メール、SNS等様々な媒体を通じてメンバーへ依頼が出来るため、アンケート回収率の向上、また、印刷をしないことで紙資源の節約となりCO2削減につながります。 

【工夫(2)】
写真撮影(かつら、法被他着用)という体験型ブース出展を行います。
【期待される効果(2)】
従来の物品(食品含む)配布であると、渡し手と受け手という一方的なコミュニケーションになりがちですが、体験型とすることで、来訪者と顔を合わせたコ ミュニケーションが可能となることから、メンバーが国際の機会を感じることができます。また、来訪者によるSNS等での写真アップロードにより、私たちだ けで行うPR活動よりもより広く展開されることが期待されます。
15.事業に対する調査分析・ビジョン(将来像)
【調査分析】
<至近の各種大会に於けるブース出展実施状況>
・2009年6月6日JCI ASPAC長野大会「焼酎」「さつまあげ」配布
・2009年11月20日世界会議ハマメット大会「緑茶」配布
・2012年 8月25日九州地区大会in宮崎「ぢゃんぼ餅」配布
・2012年11月21日世界会議台北大会「ぢゃんぼ餅」配布
・2012年10月12日全国大会北九州大会「ぢゃんぼ餅」配布
・2013年 6月15日JCI ASPAC光州大会「さつまあげ」配布
・2013年11月 7日世界会議リオ・デ・ジャネイロ大会「さつまいもキャラメル」「お茶」配布
・2014年 6月 6日JCI ASPAC山形大会「焼酎」、「さつまあげ」、「お茶」、「白くま(棒アイス)」配布
・2014年 7月12日九州地区大会2014別府大会「焼酎」、「お茶」配布
・2014年11月27日世界会議ライプチヒ大会 体験型ブース(写真撮影)

 【事業に対するビジョン】
JCI ASPAC大会はアジア各国から数多くのメンバーが参加します。ブース出展を通して鹿児島青年会議所メンバーが国際交流を積極的に行うことで、 LOM全体が鹿児島の国際化に対する意識が高まって、今後のJCI ASPAC誘致活動の積極性が増し、誘致・開催がより確固たるものとなり、開催を契機 として、世界に誇れる鹿児島の創造へとつながります。
16.メンバーへの依頼事項
・ ブース出展は、準備、PR活動、撤収等を行う必要があるため、JCI ASPACコタキナバル大会への積極的な参加をお願い致します(本年度は日本JC出 向者が多く、出向者は日本JCの委員として大会参加が必須となり、本ブースの作業に参加できない可能性があるため、例年より多くのメンバーの参加が必要と なります)。
※過去のJCI ASPAC参加者数(参考)
 ・2011年 11名 マニラ(フィリピン)
  ・2012年 26名 香港
  ・2013年 40名 光州(韓国)
 ・2014年 37名 山形(日本)

・JCI ASPACコタキナバル大会に参加出来ないメンバーは、参加するメンバーのお見送りとお迎えをお願いします。
17.協議・審議のポイント
背景・目的
事業全般
18.正副会議での意見及び対応
なし
19.その他(添付資料等)
01.予算関係
 01-1.予算書(案)
 02-2.見積書(ブンカ巧芸社様)

02.運営関係
 02-1.タイムスケジュール
 02-2.ブースレイアウト図

03.アンケート
 03-1.アンケート(メンバー用)
 03-2.アンケート(来訪者用)
20.当日回覧資料
なし
21.添付ファイル ブース出展(jci aspac)201503J.zip

カテゴリ